当サイトについて

こんにちは、FX&Stocks Trader MASAKIと申します。

当サイトにお越し頂きまことにありがとうございます。

当サイトの基本的なFX商材への見解について述べさせて頂きたいと思います。

私は基本的に手法と言うのは何でも良いと思っています。

こんな事を言うと元も子もありませんが、
それは何故かと言いますと、どんな手法もほぼほぼ優劣に差がないと思っているからです。

FXは一回一回の取引の勝ち負けはそれほど重要ではなく、月間又は年間、トータルで利益を増やしていく、と言うのはよく知られた話ですが、だとすればドローダウンの大小は手法によって多少なりとも変わっても、増えていく、又は減っていく速度というのはそれほど変わるものではありません。

なので当サイトでも面倒臭いので、一回だけの取引の動画を撮ったりとか、意味があまり感じられないので撮りません。

トレードは「資金管理+リスクリワード値+その手法は自分の生活の中で実行出来るか?」
という構成で成り立っていると私は考えている為、手法によって勝てる勝てないを考えるよりも、
「その手法は自分の生活スタイルの中でやっていけるか?」「そしてやり続けていくことが出来るか?」
ということを考えた方が良いと思うからです。

後付けチャート上で勝っていても自分がエントリー、エグジット出来なければ、
それは使えるシステムではないのです。

その勝っている場面が毎回自分の寝ている深夜2時に起こっているかも知れませんし、
その勝っている場面が毎回重要指標発表でスプレッドが開きすぎて入れないかも知れません。

後付けのチャートを見て検証することはそういうことを一切考慮に入れてないんですね。

結局のところ勝率はさほど重要ではなく、

・適正なリスクリワード値

・何連敗しても回復出来るだけの資金管理

の方が遥かに重要なのです。

ここが理解できないと聖杯探しを始めます。

しかしながら勝率が全然関係無いと言っている訳ではありません。

勝率が重要な要素であることに変わりはありませんが、
私の経験上、どんなに勝率の良い手法と使おうとも、負けるときは負けます。

連敗するときはします。

自分の力量もありますし、ヒューマンエラーだってありますし、商材販売者とユーザーの認識の違いだってあります。

もしかしたら商材販売者が偽っている可能性だってあります。

つまり

ほとんどの商材は「勝率4割~6割程度」に収束している、と私は考えている為どれを使ってもほぼ大差は無いでしょう、と言うことです。

「勝率8割!」なんて謳ってあったとしても実際はそんなに無いでしょう。

無いと言うか、仮に商材に勝率8割が本当にあったとしても、
ユーザーが8割に近づけることがほぼ出来ないからです。

やはり4割~6割に収束するはずです。

だとすれば、ほぼ勝率で商材を選ぶのはあまり意味がないのではないか、ということです。
(とは言ってもユーザーの皆様は一応商材の勝率は気になると思いますので、当サイトでは参考がてらに表記はしておきます)

プロの証券ディーラーでさえ勝率6割は優秀な方だと言われています。
素人がたかがインジケーターで勝率8割出せればみんな証券ディーラーです。

こういうことを考えるとほとんどの商材はほぼほぼ大差なんてないものです。

「自分の生活の中で使い続けることができるか?」
これに重点を置いて商材選びをするといい商材が見つかると思いますよ!

投稿日:2017年6月4日 更新日:

Copyright© FX商材レビュー , 2017 AllRights Reserved.