FX商材 優良なFX商材レビュー

FX商材 優良なFX商材レビュー

FXチャート

FXチャートの見方が分かるようになる! 2018年9月1日+商材検証結果

投稿日:

こんにちは、最近プロップデビューを目論んでいるTrader MASAKIです。

月曜のトレードが冴えなかったんですよね。

行って来いで切り返されたり、ブレイクポイントに来ず、逆方向にフラフラ行くし・・

なんか変、と思ったら月曜がイギリス休場というのが後から分かりました。

まあその影響なのかは分かりませんが・・

ただやっぱ、ボラが足りないと「勢いが続かない」「値動きがフラフラしてあらぬ方向に行く」と言うのがうすうす肌で感じますね。

やっぱある程度値を動かしているのが機関投資家だというのが分かりますね。

なので機関投資家と同じ目線を持つことが勝つ秘訣です。

それでは今週もチャートの画(え)を大公開!

こちらが早速おなじみ、そろそろ利確、その後利確の画(え)。

その後

利確ラインでピッタリ止まって、若干跳ね返っています。

こちらがなんと勢いよくエントリーラインを抜けて、出だし好調でそのまま利確まっしぐらかと思いきや、行って来いで引き戻され、まさかの逆ブレイク。

そのまま損切りへ。

ここ一ヶ月ぐらいかなりの割合で「行って来い現象」多発。

なんかサイクル悪い感じ。

そしてこれが時間決済で微益撤退です。

実は最近プロップトレーダーデビューするためにある機関のMT4でデモ修行中なのですが、その機関のシステムで自分のトレードのデータを解析すると、ある時間以降異様に損切りに掛かる確率が高い事が判明した訳です。

なので時間決済と言うものを採用致しました。

含み益であろうが含み損であろうが、利確に到達しなかったものに関しては、時間で切る、と言うことです。

日本の株式トレードでも「デイトレはチャートだけでなく時間の概念も無ければ勝てない」と言われていますが、まさにFXでも当てはまる訳ですね。

むしろFXの方がより時間的概念が必要なんじゃないかと思います。

要はその時間以前で全取引を撤退させれば負けが劇的に減る訳です。

まあその時間以降に何があるのか、その要因、原因も大体判明致しました。

実はコレ自分の商材にも自分で原因を書いていました。

http://abest2.com/1023.html

自分とした事が・・ですね。

自分の商材で解説しておいて自分で忘れているという。

ちなみに時間決済は手動でやんの?そんな時間までチャートに張り付いているの?と思われるかも知れませんが、いやいや、チャートにいつまでも張っ付いている訳ではありません。

そのやり方も上記商材に書いてあります。

自分は全部実践してきた事、できる事しか書きませんので。

そしてこちらはエントリーから利確まで勢いよく抜けてくれました。

コレですよ!毎回コレだといいんですよ!って世の中そんなに甘くありませんね。

こちらもキレイなダウ理論を描きながら無事落ちていってくれました。

高値安値切り下げながら落ちていっています。

コレ、下位足の5分とかでは多分見事なトレンドを描いているハズです。

かなりヒートアップしていた事でしょう。

-----

と、言う訳で今週はちょっと少なめです。

今週はエントリー前の逆ブレイクが多かったですね。

ほとんどエントリー前に逆ブレイクしました。

まあこの場合はエントリー自体がされないので損失にはなりませんが。

今週はサイクルが悪いみたいです。

自分の場合はほぼ待ち受けエントリーですが、これ、スキャで成り行きエントリーだったらとんでもない損失になってるハズなんですよ。

ほとんどすべて負けてるので。

まあそうとう負けが積み重なる事でしょう。

スキャなんで、その全てでリスクリワード値も崩れているでしょうし。

こういうのをなんと言うかと言うと「ドローダウン」と言います。

これは避ける事ができません。

こういう時に「勝率8割スキャ!」もクソもなくなる訳です。

なので自分が前から言っている「勝率8割、1分スキャ!みたいなのはいっときドカッと儲かるところを載せて、後はドカッと持っていかれている」というのはこういう事です。

分かりませんが、あくまで持論です。

ちゃんと出来てる人もいるかも知れませんが。

まあただ想像には難くないです。

と言う訳で。

商材検証結果

8月27日TRT負け
8月28日TRT売り買い両方15PIPS勝ち
8月28日防衛戦突破:負け

8月30日TRT25PIPS勝ち

というような結果になりました。

これらの商材はこちら

-FXチャート

Copyright© FX商材 優良なFX商材レビュー , 2018 AllRights Reserved.