FX商材 優良なFX商材レビュー

FX商材 優良なFX商材レビュー

FXチャート

FXチャートの見方が分かるようになる! 2018年10月20日

投稿日:

こんにちは、最近プロップデビューを目論んでいるTrader MASAKIです。

今週は中々エントリーポイント自体がありませんでした。

大体利確の嵐が来た次の週はエントリーポイントが無い、か、または負けやすい事が多い事に最近気が付きました。

よくよく考えれば至極当然なのかなと思います。

一旦利確出来たら一回りして次の同じポイントがまた来るまで待たないといけないですもんね。

特に自分の場合は4時間足なので周期的にそんなポンポン来る訳は無いですね。

これが俗にいう相場サイクルです。

今回はAと言う手法が勝ちやすい、次の週はBと言う手法が勝ちやすい、その次はC・・みたいな感じで、勝ちやすい期間、勝ちにくい期間、勝ちやすい手法、勝ちにくい手法が、ランダムに切り替わっていく。

そういうもんですよね、相場って。

不思議と。

そしてある時、勝ちやすい手法と勝ちやすい期間が合致する。

この時に連勝するわけですよね。

その逆もまた然り。

なので勝ちやすい手法を追い求めて、仮にそれがたまたま見つかったとしても、時間が経つとズレはじめてきて負けだす訳ですよね。

なので聖杯探しはソレを延々と繰り返すので抜け出せない訳です。

まさにEAとかはどツボにハマりますね。

EAを一つの手法と考えると・・次から次へとEAを乗り換える様はまさに聖杯探し。

しかも高額な分だけタチが悪い。

EAは永続的に乗り換える必要がある事は有名ですよね。

結局、相場状況を見極めて、

①無数のEAの中から、

②適材適所に、

③適宜最適な、

EAを配置出来る人だけがEAを使っていく事が出来る、と言うことですよね。

言わば本当の意味でEAを使いこなす、と言うことです。

結局裁量で出来る能力がなければ、EAも配置出来ない、と言うことです。

本来EAは裁量を極めた人間が、できるだけ負担を軽くする為に使うものであって、金銭製造マシーンではないのです。

ココがわからない限り、EAでも聖杯探しをする事になります。

EAを使いこなすって、実は裁量より難しかったりしますね。

ってな訳で、今週のチャートの画(え)を大公開!

お馴染み、そろそろ利確、その後利確の画(え)。

その後

一本手前で利確到達前に思いっきり下げられましたが、ちゃんと利確に到達してくれました。

なんかの調整戻し的な感じですね。

やはり時間が経つとちゃんと然るべき方向へ行ってくれるので、目先の値動きにとらわれてはいけません。

そしてこちらはレーザービーム一本で行ってくれました。

利確到達後にダダ下がりしているのが分かります。

なのでこのラインは使われていた、と言うことが言えます。

そしてこちらがなんと63PIPS進行方向へ進んだ後、行って来いで切り返され詰めたストップへ!しかも-20PIPS滑って約定というオマケ付き。

実はコレ、カナダの指標発表です。

小売売上高ですね。

約定力トップレベルのXMですら20PIPSも滑るんです。

カナダの指標発表は前々から破壊力抜群だとは思っていましたが、やっぱ凄まじいですね。

一瞬でドカンと行きます。

それに負けず劣らずの破壊力がニュージーランドの指標発表ですね。

こちらも破壊力抜群で50PIPSぐらいは平気でドカンと行きますね。

その直前のスプレッドの広がりがものすごいですがね。

パッパッパッと20PIPS~30PIPSぐらいは一瞬で広がります。

直後ドカンという感じですね。

ああ恐ろしい。

そしてこちらはなんと140PIPSも進んだ後、行って来い4時間足1本で引き戻され詰めたストップへレッツゴーと言うふざけた画(え)ずら。

面白いように紫200MAでピッタリ切り返されてます。

200MAは多くの機関投資家も注目しているラインと言うことはよく知られた話です。

なのでこのラインが壁(サポレジ的機能)になる事は結構あります。

移動平均線で唯一機能するMAとも言われていますね。

そしてこちらが中々キレイなエントリーで、スムーズに利確に到達してくれました。
-----------------

と、言う訳で先週に旬が過ぎてしまったので、今週は撮れ高が少なめの週でした。

また旬が来るまでしばらくかかりそうです。

では、チャオ!

-FXチャート
-, ,

Copyright© FX商材 優良なFX商材レビュー , 2018 AllRights Reserved.