ドル円予想

ドル円予想 12月31日

投稿日:

ドル円の現在値:110.282

※31日朝時点


※クリックで拡大



今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッド拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
本日なし 本日なし 本日なし



■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では6日前ぐらい前にかなり強い巨大なトレンドラインを抜け下方向にブレイクし112.175円から111.750円付近までわずか1日で140PIPSの下落を見せました。その後も陰線続きで段階的に下落し続け、2日後には更に下方向へブレイク、110.275円付近まで下落しました。その付近がかなり強いサポートになっていると見られ、翌日には110PIPSの急激な戻りの上昇を見ました。しかし下方向へブレイクしたため基本は下目線。翌日にはやはり下落方向へ動き、直近のサポートも抜けていますのでダウ理論的にも下目線。つまりドル円日足は下目線継続中となります。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。4時間足チャートはキレイな下落トレンドを形成し、現在も下目線は継続中。日足の巨大トレンドラインを抜けてから順調に下げています。途中114.495円の20MA付近まで戻り、この20MAはキレイにレジスタンスとして機能しているのが見て取れます。その後も順調に下落を続け、現在110.276円の直近安値も超えていますので、ドル円4時間足としては109.754円付近のサポートラインまで行くと見られます。



■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートはペナントと呼ばれる三角持ち合いのチャートパターンを抜け下落をしているのですが、ペナントを抜けた後の戻りが確認されていない為、ドル円1時間足では戻りの上昇になる可能性もあります。とりあえずフィボナッチラインの50.0%付近の110.726円まで戻りの上昇があるかも知れません。ペナントは抜けていますが、大枠では2本の平行ラインの中を推移していますので、既に下のラインに到達しています。なのでこの点から見ても戻りの上昇の可能性が高いです。しかしながら1時間足でも20MAがレジスタンスラインとして機能していると見られ、ここで弾き返されれば一時また下へ、上抜けされれば上に行く可能性が高いです。上に抜けた場合はフィボナッチライン50.0%の110.726円を目指していくと思われます。20MAに弾かれて下に落ちた場合は直近安値でもあるフィボナッチライン-27.0の110.135円付近までとりあえず落ちると思われます。そのラインを更に抜けるとブレイクとなり、勢いが出て下の-61.8%のライン109.867円を目指していくと思われます。

■まとめ

下に行った場合は23PIPS、上に行った場合は35PIPSの値幅がありますので上にも下にも行くような相場になっています。スキャルからデイトレの間でそのぐらいの値幅が狙っていけますので、下に行った場合は20MAからの戻り売りエントリーで下のフィボナッチライン-27.0%の110.135円まで狙っていけます。上に抜けた場合は23.6のフィボナッチライン110.523円の直近高値ラインを抜ければ買いエントリーでフィボナッチ50.0%の110.726付近まで20PIPS程度狙っていけるでしょう。

-ドル円予想
-, , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.