ドル円予想

ドル円予想 1月2日

投稿日:

ドル円の現在値:109.620

※2日朝時点


※クリックで拡大



今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッド拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
18:30 イギリス ポンド(GBP) 製造業PMI



■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では1週間ぐらい前に下方向の巨大トレンドラインを抜け110.089円まで下落、その後も強めのサポートラインを2本ほど抜け、現在上と下のサポートラインとレジスタンスラインに挟まれ109.618円付近を停滞中。基本的には下落トレンド継続中なので目線は下方向なのですが、ボリンジャーバンドの-2σにもかなり刺さっているため反動で上方向へ行かれる事も予想出来ます。下方向へは109.337円と109.193円の強めのサポートラインが2本あるのでここを抜けない限りは下方向への勢いは出ないと分析出来ます。もしの2本のラインを抜ければ、100PIPSほどのフリースペースが広がっていますので、108.121円まで下落トレンドが出ると思われます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートはきれいな下落トレンドを形成しており、トレンドラインもキレイな右肩下がりのトレンドラインが引けます。トレンドラインのサポート部分もピッタリ止まっていることからこのトレンドラインは使われていると思われます。また20MAでキレイに戻しを形成していることから、この20MAはレジスタンスラインとして機能していると見てよいでしょう。順調に下落トレンドを形成していますが、サポートライン群の中に突入しているため、値動きはレンジ気味になると推測されます。しかしながら109.753円のラインで下方向へ抜けた後、サポレジ転換しているようにも見え、下方向へは30PIPS程度のスペースがありますので、手堅く20PIPS程度狙う事は出来ない事もないでしょう。しかしこちらもボリンジャーバンドの-2σ付近で値が推移していることから、20MAへ回帰する戻りの上昇になるかも知れません。



■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートもダウ理論的にきれいな下落トレンドを形成しており順調に下げています。そして4時間足でも見られたように109.753円のラインを下抜けした後、サポレジ転換しているようにも見えますので109.337円を目指して値が落ちていくと思われます。4時間足では20MAへの回帰の戻り上昇になる兆候は見られていますが、1時間足を見てみると、ちょうど20MAの戻し部分と重なっており下方向へ行く可能も高いと思われます。しかしながらこちらもボリンジャーバンドはわずかに収束的な感じになっている事にも注目しなければなりません。この後109.337円と109.193円のサポートラインを抜けた場合は更に下方向への勢いが加速すると思われます。

■まとめ

現在分厚いサポートラインとレジスタンスラインに挟まれている状況ですので、動く値幅は限定的で109.753円と109.337円の間を推移すると思われます。しかしながら下方向へは30PIPS程度のスペースがあるので、スキャルピングなどで20PIPS程度狙うことは出来なくも無いと思われます。その場合は20MAまで戻ったら、そこからの戻り売りエントリーをし、109.337円付近まで狙っていけるでしょう。しかしながら値動きは限定的でレンジ気味であるため、リスクは高い事は覚えておいた方がよい相場です。

-ドル円予想
-, , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.