ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 1月5日

投稿日:2019年1月5日 更新日:

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては現在値は-1σと-2σの間にあり、大枠で見るとレジスタンスラインの114.610円とサポートラインの104.330円に挟まれたレンジ状態にあると見れます。サポート部分の-2σと機関投資家もよく注目している重要移動平均線である200MAをダブルで超えたのですが、下ヒゲを付けて勢いよく戻されているのが見て取れます。なのでこの-2σと200MAは、かなり強力なサポートラインとして機能していると予想されます。直近では陰線を付けていることから、しばらくは下方向へ何度か試していくものと見られ、-1σと200MAもしくは-2σの間で下落トレンドを形成していくものと見られます。



ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては機関投資家も注目する200MAのサポートラインを抜けボリンジャーバンド-2σに大きく刺さっています。ボリンジャーバンドをよく見ると+2σが外側へ拡大するような兆候が見て取れるため、ここからバンドウォークして下落に拍車が掛かる事も予想されます。しかしながらボリンジャーバンド-2σに勢いよく突き刺さっている為、一時的には乖離による戻りの上昇になる可能性もあります。直近最安値を付けた104.330円のラインで跳ね返された後、107.940円の少々強めのサポートラインまで戻っているため、ここでこの107.940円のレジスタンスラインと114.610円のレジスタンスラインに挟まれたレンジ内に戻されるか、107.940円のサポートラインでサポレジ転換となって再度下ブレイクするかの2パターンが考えられます。現状では重要ラインの真上に位置していますので、どちらにも動きそうな相場となっています。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、先日にあったドル円暴落の影響もありまして、ボリンジャーバンド ドル円 日足ではボリンジャーバンドの-2σに思いっきり突き刺さっていますので、乖離による戻しの上昇になる可能性が高いと思われます。ボリンジャーバンド反対側の+2σも、若干下向きになっている事が確認でき、収束に向かう兆候が見て取れます。しかしながら107.940円の若干強めのサポートラインで上から下に抜けた後、サポレジ転換しているようにも見え、さらに下方向へ落ちる可能性もあります。もし107.940円のサポートラインより上まで戻した場合、そのまま20MAまで戻る上昇の動きになると思われます。もしサポレジ転換され更に下方向へ行くようであれば、一時的な戻しの上昇はあるものの、更に下落に拍車がかかるものと思われます。



ボリンジャーバンド FX 手法 1

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は売りエントリー後、順調にローソク足1本で利確まで後少しで到達しそうな瞬間。

そしてその後が下のチャート

ボリンジャーバンド FX 手法 2

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は上記チャートその後の利確直後のチャート。

きれいなダウ理論を描き、陰線を付けながら下落し見事-61.8利確ラインに到達。

ボリンジャーバンド FX 手法 3

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は買いエントリー後ローソク1本で利確ラインまで到達してくれました。利確ラインの-61.8で一回止められていますので、このフィボナッチラインは使われていた、と言うことが出来ます。

ボリンジャーバンド FX 手法 4

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は売りエントリー後、ブレイクして勢いよく下落していってくれました。勢い余って利確ラインを大幅に超えていってくれました。

-----------------

新年明けましておめでとうございます。

今週は正月を挟みましたので、ボリンジャーバンド FX 手法は少なめですが、かなり順調な滑り出しを見せ中々好調です。よいスタートが切れたと思います。それでは今年も1年こんな感じでよろしくお願い致します。

-ボリンジャーバンド
-, , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.