ドル円予想

ドル円予想 1月10日

投稿日:

ドル円の現在値:108.172

※10日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、前日の予想通り108.121円のラインを目指して行き、ピッタリ止まってくれました。FOMCがありましたので、わずか米国時間内だけでドル円108.121円のサポートラインまで到達致しました。今後はこのドル円108.121円のラインを下に抜けるか、上に弾き返されるかの2パターンですが、上に弾き返された場合は引き続き、ドル円108.121円のサポートラインと109.193円に挟まれたレンジ内を推移する事になると予想されます。下に抜けた場合は新たな値動きに突入するかも知れません。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートは、下降トレンドラインのレジスタンス部分を上に一旦抜けましたがやはり上値が重たかった為か、下降トレンドのトレーディングレンジ内に引き戻されました。やはり109.193円と109.337円のレジスタンス水平線ラインはかなり強めと予想出来、ダブルで上抜けするのはかなり難しいと判断出来ます。現在はドル円108.121のサポートラインと下降トレンドラインレジスタンス部分の交差部分に値が位置している為、上か下のどちらに抜けるかで、また目指す方向が変わってきます。上方向へ抜けた場合はまたドル円108.121円のサポートラインと109.193円のレジスタンスライン内に戻される形になるため、これらのサポレジ間をまたしばらく推移することになると予想されます。しかしながら下に抜けた場合も下降トレンドラインのトレーディングレンジ内に戻る事になる為、レンジ状態であることに変わりは無いのですが、スペースがありますので下降トレンドラインに沿って下降トレンドが出る事が予想されます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、チャートパターン「ウェッジ」の長かったトレーディングレンジ内を一旦抜けたようにも見えますが、その下には更にトレンドラインを引く事が出来、大枠でみるとチャートパターン「フラッグ」が形成されただけのようにも見えます。このフラッグのサポートライン部分で上方向に弾き返されている為、これを下抜けしなければ、このフラッグ内を推移するものと予想出来、短期的にはフィボナッチ50%ラインのドル円108.752円のラインを目指して上方向へ行くものと思われます。下抜けした場合、直近ではフィボナッチ-127.0のライン、ドル円107.568までとりあえず行くものと思われます。

■まとめ

上方向へ戻された場合はフィボナッチ50%ラインのドル円108.752円のラインまで50PIPS程度、下方向へ抜けた場合はフィボナッチ-127.0%のドル円107.568円まで55PIPS程度行くものと思われます。これらの値幅をデイトレかスキャルピングで狙っていく事が可能かと思われます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.