ドル円予想

ドル円予想 1月15日

投稿日:

ドル円の現在値:108.172

※15日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、先日から引き続き109.193円のレジスタンスラインと107.772円のサポートラインに挟まれたレンジ内を推移しており、一向にこのレンジ内から抜けられる様子はありません。このドル円109.193円のレジスタンスラインと107.772円のサポートラインはやはりかなり強いと見れるため、このレンジ内を抜けるのは当分先と予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートは、チャートパターン「フラッグ」を形成しており、このフラッグを若干下に抜けています。ボリンジャーバンドも収縮しそろそろブレイク間近な様相を呈して来ていますので、近いうち下ブレイクする確率が非常に高いと予想出来ます。しかしながらフラッグを下抜けしてから戻りの上昇が確認されておらず、ここから戻りの上昇を見せるかも知れません。その場合一旦フィボナッチ50%の108.582円までの戻りを付けてから再び下方向へ行くものと予想されます。あるいはまたブレイクが失敗し、フラッグ内に戻ってしまう事も予想されます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは先日よりブレイク抜けが何回も失敗を繰り返し、ほぼ迷走状態となっています。しかしながら1時間足でも4時間足同様、チャートパターン「フラッグ」が確認でき、現在フィボナッチの38.2%までの戻りが確認出来ています。ここから更に戻りの上昇になるのか、フィボナッチの0%ラインのドル円108.169を超えて下のターゲット、フィボナッチ-61.8%ラインのドル円107.900を目指して落ちていくのかの2パターンになると予想されます。

■まとめ

現値より更に戻りの上昇になる場合はおおよそフィボナッチラインの50%から61.8%を目指して20PIPS弱行くものと予想出来ます。もう一つのパターンはすでに戻りが完了し、フィボナッチライン0%のドル円108.169円のラインを超えて下方向へブレイクした場合はターゲットであるフィボナッチ-61.8%ラインであるドル円107.900円まで27PIPS程度行くものと予想できます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.