ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 1月19日

投稿日:

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては、現在ボリンジャーバンドのミドルバンドと-1σの位置に現値があり、今月始めの暴落でボリンジャーバンドの-2σを大きく超え現在では暴落前の値段まで戻っており非常に長い下ヒゲを付けています。ローソク足の実体がなくなるぐらい戻されていますのでこのまま勢いよく反動で買い方向へ上がっていくのか、また下へ向けて落ちていくのか注目される状況です。




ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては、-2σと-1σの間に現値があり陽線を付けているものの、機関投資家も注目する紫200MAに頭を止められている状態です。ぴったりこの200MAで止まっている事が確認できる事からこの200MAは機能していると予想されます。この200MAを上抜けしない限りは上方向へ行きづらくまた下へ叩き落とされるものと予想出来ます。この200MAを上抜けできれば一先ず-1σを目指していくものと思われます。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、現在ミドルバンドである20MAを上抜けし上方向への勢いが出始める様相を呈しています。ボリンジャーバンドも収縮し始めていますのでこの辺でしばらくレンジ状態に突入しトレンド転換するのか、と言ったところですが、チャートパターン「フラッグ」的なものも確認出来ますので、これが機能していた場合はトレーディングレンジ内に引き戻される形になり下へ落ちていく事もありえます。




■まとめ

現在はボリンジャーバンドのミドルバンドである20MAを上抜けしていますので下位足では買い目線的な感じで捉えても良いかも知れませんが、トレーディングレンジ内に引き戻される売り的な動きも注意しておかなければなりません。いずれにしても目立ったトレンドが出るような感じではありませんので、レンジ状態であることを意識しつつ、デイトレやスキャルピングなどで細かく取っていくとよいでしょう。

-ボリンジャーバンド
-, , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.