ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 2月9日

投稿日:

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては、先月1月始めの瞬間的な暴落で長い下ヒゲが刻まれて-1σ、-2σ、そして機関投資家も注目する200MAを貫いて下落しましたがやはり一時的な暴落だった為、反動で暴落時以上の戻りがあり現在は-1σとミドルバンドである20MAの間で陽線の上昇トレンドになっている事が確認出来ます。




ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては、きれいな上昇トレンドのサポートラインが引けますが現在、機関投資家も注目し唯一移動平均線で強力な壁として機能する紫200MAと-1σのダブルで頭を抑えられていて上値が重い感じです。1本前のピンバーの長い下ヒゲと現在の陽線を見る限り上昇傾向と見ることが出来ますが、先述のダブルの壁が立ちふさがっていますので今後はダブルの壁を抜けて上に行くのか、振り落とされて下に行くのか、どちらに行くかが注目されます。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、チャートパターン「フラッグ」的なものが確認できトレーディングレンジ内をきれいに上昇しています。目線的には上と見れますが現在+1σの若干下側に位置しており今後これを超えられず下に行く可能性もあります。現在ローソクはローソクパターンの十字線になっていますので上にも下にも行きそうな様相を呈しています。




■まとめ

チャートパターンであるフラッグ的には上昇トレンドを描いており目線は上目線ですが上述の条件を勘案しますと戻りの下落に転じる事も充分ありえますので、現状ではどちらに行きやすいか難しい判断と言えます。一言で言うとレンジ状態ですので下位足でそのような手法で取っていける手法をお持ちの方はデイトレードかスキャルピングで細かく取っていく事は可能と予想されます。

ボリンジャーバンド FX 手法 1

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は中々きれいなダウ理論で上昇しながら利確まで到達してくれました。利確ラインである-61.8%に到達して切り返されている事が確認出来ます。なのでこのフィボナッチラインは使われていた、という事が言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 2

こちらボリンジャーバンド FX 手法はきれいな陰線連続で最後に利確に到達してくれました。最後に-61.8の利確ラインに到達した後巨大陽線で切り返されています。そのためこのフィボナッチラインは使われていたと言うことが言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 3

こちらボリンジャーバンド FX 手法は素直に伸びず結構な時間揉んでいましたが陽線1本で利確ラインまで到達してくれました。しかし利確ラインに到達した途端に巨大陰線で切り返されている事が確認出来ます。そのためこのフィボナッチラインは使われていたと言うことが言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 4

こちらボリンジャーバンド FX 手法は見事にきれいな切り上げブレイクです。陽線1本で勢い余って-127.0の2つ目の利確ラインをも超えて行ってしまいました。

ボリンジャーバンド FX 手法 5

こちらボリンジャーバンド FX 手法はそろそろ利確、その後利確の瞬間です。

その後

エントリーしてから一度大きく引き戻されましたが、その後然るべき方向へ行き陽線1本で利確ラインまで到達してくれました。基本的に方向性が合っていれば時間と共に然るべき方向へ行く確率が高いので目先のノイズに惑わされてはいけません。

ボリンジャーバンド FX 手法 6

こちらボリンジャーバンド FX 手法は2つ目のそろそろ利確、その後利確の瞬間です。

その後

ブレイク後下位足ではきれいなダウ理論を描いて上昇していたであろうと思われるロウソクの形状のまま利確ラインまで達してくれました。このようにストレートにいく相場ばかりですとストレスが無いですね。

ボリンジャーバンド FX 手法 7

こちらボリンジャーバンド FX 手法は本日3つ目のそろそろ利確、その後利確の瞬間です。

その後

こちらもエントリー後陰線連続で利確ラインまでスムーズに行ってくれました。下位足では長い下降トレンドが出来上がっていたであろうと思われるチャートです。くしくも-61.8の利確ライン到達後に急激に伸びてしまいました。しかしルール通りにできればそれでそのトレードは成功ですのでその後の伸びは気にしません。また2つ目の利確ラインである-127.0のラインでピッタリ止まっている事が確認出来ますのでこのフィボナッチラインは使われていたと言うことが言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 8

こちらのボリンジャーバンド FX 手法はサクッとエントリーラインに引っかかって一度大きく引き戻されましたがその後再度エントリーラインを超え利確ラインまで勢いよく陽線1本で到達してくれました。時間が立つと然るべき方向へ行く確率が高いので目先のノイズに惑わされてはいけません。

---------------------

今月は先月と打って変わってエントリーポイントが目白押しです。中々よいスタートが切れました。先月はやはり新年早々のドル円暴落で相場がちょっと狂ってしまったので、しばらくはエントリーが出来ませんでした。今月からまたどんどんエントリー出来ると思います。また引き続き相場分析をしていきますのでよろしくお願い致します。

-ボリンジャーバンド
-, , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.