ドル円予想

ドル円予想 2月14日

投稿日:2019年2月14日 更新日:

ドル円の現在値:110.957

※14日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
22:30 アメリカ ドル(USD) 小売売上高

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、先日からの予想通り上昇トレンドとなり切り上げながらきれいなダウ理論を描いて上昇しています。やはりフリースペースが広がっていたため伸びる速度が若干早めのような気がしますが、現在機関投資家も注目する移動平均線の中でも唯一強力な壁として機能するとされる紫200MAに頭を抑えられており、この紫200MAに弾かれて下に振り落とされるか、下から上抜けし更に上に行くのかが注目されます。しかしながらこの紫200MAを上抜けしても更にすぐ上には強めと思われるドル円111.368円のレジスタンスラインがある為そこでまた止められるものと予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、現在急激な上昇トレンドを形成しており現在の位置からではエントリーは困難な状況です。一つ上の日足でも紫200MAに頭を抑えられている事から、ここから下に行くのか上昇トレンド継続で上に行くのか全く分からない状態ですので、エントリーは危険と思われます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、やはり急激な上昇真っ最中でとてもエントリー出来るような状況ではありません。一度戻りを付けレンジ状態にならない限りエントリーは出来ないものと予想出来ます。やはり日足でフリースペースが広がっていた為か、伸びる速度が早く急激に伸びた為このような状況ではエントリーポイントを探すのが逆に困難になります。なのでしっかりエントリーポイントを把握しないと急激に戻され、よくある高値掴みなどの状況でエントリーし急激に落とされると言う現象に見舞われる事になります。

■まとめ

現値の位置から更に急騰し伸びる可能性もありますが、どうなるか分からない為現状ではエントリーは難しいと予想出来ますので、一度戻りを付け落ち着いてからでないとエントリーはしない方がよいと思われます。しかしながら更に下位足でスキャルピングなどで細かく取っていける手法をお持ちの方であればこの限りではありません。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

やはり予想通りトレーディングレンジ内に戻され、その後急激に下方向へ落とされてしまいました。これが俗に言う高値掴みの典型的な事例です。気をつけた方が良いです。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.