ドル円予想

ドル円予想 2月15日

投稿日:

ドル円の現在値:110.504

※15日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
18:30 イギリス ポンド(GBP) 小売売上高

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、先日の予想通り現在機関投資家も注目する唯一強力な壁として機能するとされる紫200MAで見事に頭を抑えられ下へ弾き返された形となりました。一昨日前の上昇分が全て否定されまた強力な壁として機能しているとされるドル円110.360円のサポートラインまで値が戻ってきてしまいました。今後はこのドル円110.360円のラインを下抜けし前のステージに戻されるのか、また上へ弾き返されてドル円110.360円のサポートラインと111.368円のレジスタンスラインの間を推移するのかのパターンになります。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、やはり急激にそれまでの上昇トレンドが失速し現在は20MAも下抜けているため目線は下方向かレンジ状態突入という見方が濃厚と予想されます。4時間足でも、日足同様この強めと思われるサポートラインドル円110.360円のラインを下抜けしてしまうのか到達後にまた上昇トレンドへと切り替わっていくのかというパターンが予想されますが、勢いが出ずしばらくレンジ状態という可能性もあります。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、下方向へのラインブレイクが確認でき既にブレイク最中と思われますのでここからは再び戻りの上昇になるのかそのままレンジで浮遊し続けるのか判断が難しい為積極的にエントリー出来る相場ではありません。この状況で再びエントリーを試みるとすれば一度フィボナッチライン38.0%から61.8%付近まで戻ってから売りを検討出来るものと予測されます。

■まとめ

このトレンドラインのサポート部分のラインブレイクでは戻りが既に確認出来るのですが、下位足での戻りとも予想出来る為一時間足ではこれから戻る可能性も予想されます。その場合フィボナッチライン38.2%から61.8%のラインまで戻ったら下のドル円110.360円の強めと思われるサポートラインまでは45PIPS程度ありますので売りを検討出来るものと予想出来ます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.