ドル円予想

ドル円予想 3月28日

投稿日:

ドル円の現在値:110.480

※28日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
21:30 アメリカ ドル(USD) 第4四半期GDP

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、先日トレンドラインを上から下抜けしたもののまたトレンドラインの中に値が戻ってきてしまい、もう一回上から下抜けを試みたものの今度は強めと思われるドル円110.360円のラインに弾き返されて、ヒゲだけ付けて値がまたトレンドラインの中に戻ってきてしまいました。これを見る限りかなり底値が堅いと予想され下降方向へも行きづらい状況と判断する事ができます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、やはり強めと思われるドル円110.360円のラインで3回弾き返されていることが確認できこのラインはほぼサポートラインとして効いていると予想する事ができます。また上位足のトレンドラインで止まっている事も確認できこれらのラインで板挟み状態となってレンジを形成している状況です。下降トレンドになったと思いきや、ボリンジャーバンドのミドルバンドである赤線20MAも下から上抜けし、更に上下強力な壁群に囲まれている状態ですので今後しばらくレンジ状態が継続するものと予想されます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、やはり上位足のトレンドラインと強めと思われるドル円110.360円ラインがサポレジラインとして如実に効いている事が分かります。今後はこのレジスタンス部分である上位足のトレンドライン、サポート部分である強めと思われるドル円110.360円のラインのどちらかを明確に抜けない限り積極的にエントリーができる状況ではないと予想されます。

■まとめ

先日より目立った動きはなく強力な壁群でレンジ形成真っ最中ですので積極的にエントリーを試みれる状況ではないと予想する事ができます。仮に上位足トレンドラインであるレジスタンスラインを下から上抜けしてもそのすぐ上には機関投資家も注目し移動平均線では唯一強力な壁として機能するとされる紫200MAがありますのでここで止められる可能性が高く上値は重たい状況と予想する事ができます。理想は下方向にフリースペースが広がっていますのでドル円110.360円のサポートライン下抜けして下降方向へトレンドを再開する事が望ましいですが、日足でも解説した通り上位足では底値が堅い状態ですので仮に下方向へ抜けたとしても、下方向へも行きづらい状況であると予想する事ができます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.