ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 4月13日

投稿日:

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては、まず目を引くのは全てのボリンジャーバンドラインがほぼ平行になっている事で月足レベルでレンジに入っていると言うことが予想されます。しかしながら現値はミドルバンドである赤線20MAと+1σに挟まれたゾーンに位置しており買い傾向が優勢と思われます。先月赤線20MAで終値が止められている事からこの赤線20MAがサポートラインとして機能したと思われ、また現在も勢いよく陽線を付けていますので今後も上昇していく可能性が高いと予想されます。




ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては、ローソク足4本前に一度それまでの直近上昇トレンドが否定されたもののなんとか持ち直し現在も陽線続きで順調に上昇方向へと伸びています。また直近ローソク足2本に関しては赤線20MAで下部分が止まっていますのでこの赤線20MAがサポートラインとして機能していると予想されます。ボリンジャーバンドを見ると収縮傾向にありまた、現値すぐ上には壁になりうる+1σバンドも存在し、直近高値も超えていない事からここより上に伸びるかはまだ判断出来ません。しかしながら機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAで押し目を付け、さらにその後直近では赤線20MAでも押し目を付けている事から、直近ではきれいなダウ理論を描いていると思われ、今後は上昇する可能性が高いと予想されます。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、5日前の3本連続陽線を否定する上昇が直近2日間連続で起こり直近高値を超えていきました。赤線20MAと紫200MAが若干上向きに傾き始め、ボリンジャーバンドも広がる兆候を見せている事からここより上昇する可能性が高いと思われます。しかしながら直近高値は超えたもののその前の高値は超えておらず、むしろこちらの高値を超える方が難しいと予想されますのでここより下方向へ弾き返される可能性もあります。




■まとめ

直近高値よりもう一つ前の高値を超えるかが今後上昇方向へ勢いづくかのポイントになると予想されます。しかしながら下方向へ弾き返された場合は、現状のチャート形状からダブルトップにもなり得ますのでここより下方向へまた行く可能性もあります。

-ボリンジャーバンド
-, , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.