ドル円予想

ドル円予想 4月15日

投稿日:2019年4月15日 更新日:

ドル円の現在値:112.008

※15日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、109.765円のラインでピッタリ弾き返されて以来順調に上昇トレンドを描き、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAでもサポートラインとして弾みを付け、現在強めと思われる112.206円と112.306円のダブルのレジスタンスラインの手前までまた現値が戻ってきました。ボリンジャーバンドも広がる兆候を見せ、また上昇トレーディングレンジの中に現値がある事から上昇傾向にあると思われますが、すぐ上には112.206円と112.306円のダブルのレジスタンスラインがあり、また位置的にダブルトップになる確率が高い位置である事からここより上に行くのか下に行くのかが注目される局面であると言えます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、やはり重要高値部分に差し掛かっており基本的には上に抜けるのは容易ではないと予想されます。こちらも上昇傾向ではありますが、すぐ上には112.206円のラインと112.306円のラインがある事に加えトレンドラインのレジスタンス部分が近い事、また赤線20MAとの距離が広いため、一旦上部分いずれかのレジスタンスラインに到達後に赤線20MAまでの回帰の下落になる可能性があると予想されます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、急激な上昇に加えチャートパターンやトレンドラインなどのシグナルが何も見当たらない事からエントリーを考慮するには適切ではない相場状況と判断する事ができます。ここよりさらに上に行くのか下に行くのかはほぼ判断ができないため様子見が妥当と思われます。

■まとめ

現状ではいずれかのラインに到達するかチャートパターンが現れるまではエントリーを試みるのは難しい局面と判断する事ができます。しかしながら現値より上下フリースペースはありますので、更に下位足に落としてスキャルピングなどで細かく取っていける手法をお持ちの方はこの限りではありません。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

やはり目立った勢いは出ずそのままレンジ状態が継続と言う形になりました。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.