ドル円予想

ドル円予想 4月25日

投稿日:2019年4月25日 更新日:

ドル円の現在値:112.202

※25日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、つい今しがた強めと思われるドル円112.206円と112.306円のダブルのレジスタンスラインを一気に下から上抜けしたのですが、それも一瞬で現在はヒゲを付けまたこのレジスタンスラインの下に戻されてきました。これといった指標発表もなくなぜ勢いが出たのかは不明ですが投機筋による一時的な急騰の可能性もあると思われます。しかしながら一旦はダブルトップの形状が崩されましたので、これで下方向へのトレンドも出づらくなった事は確かと思われます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、フラッグブレイクをし、ドル円112.206円と112.306円のレジスタンスラインを勢いよく下から上抜けましたが、やはり現値はまたレジスタンスラインの下に引き戻されているのが見て取れます。112.206円と112.306円の壁が効いているものと思われますが、しかしながら一旦は重要高値ラインを突破されましたので今後またどうなるのかは判断が難しくなってきました。セオリー的には一旦トレンドラインのレジスタンス部分まで戻るものと思われますがその後また上方向へ行くのかトレーディングレンジの中に戻されてしまうのかは分かりません。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、陽線1本で勢いよくフラッグブレイクからドル円112.206円そして112.306円の3つのブレイクを一気に果たしましたがそれも陰線1本で否定された形となりました。現在は112.206円と112.306円の間に現値がありこの間でしばらく揉むか、また112.206円の下に戻されてしまうかの局面にあると思われます。少なくともこの巨大陰線を見る限り上方向へはそう簡単に行けないものと思われますので、下方向へ行く可能性が高いと予想されます。

■まとめ

現値の位置からでは買いも売りも推奨できる状況ではありませんので様子見が妥当と思われますが、フラッグ部分のトレンドラインレジスタンス部分までは戻る可能性がありますので、現値の位置からそのレジスタンスラインまで21PIPS程度売りで取っていける可能性はあります。しかしながらあくまで正規のエントリーではなく戻りを狙っていくものになりますのでいつ逆行されてもいいようにストップラインはしっかり入れていく事をおすすめ致します。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

見事予想通りフラッグ部分のトレンドラインレジスタンス部分まで戻り、その後トレーディングレンジの中に引き戻されてしまいました。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.