ドル円予想

ドル円予想 4月29日

投稿日:

ドル円の現在値:111.586

※29日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、ローソク足4本前に強めと思われるドル円112.206円と112.306円のダブルのレジスタンスラインを急騰で下から上抜けしたのですがすぐにヒゲを付けて戻され、現在はトレーディングレンジのトレンドラインサポート部分も割れ、以前同様上昇トレンドに待ったがかかり、またダブルトップの様相を呈してきました。ボリンジャーバンドのミドルバンドでもある赤線20MAも下抜けし、また徐々に高値も切り下げてきている事から上値が重たい状況と予想する事ができます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、機関投資家も注目し唯一強力な壁として機能するとされる200MAと赤線20MAのちょうど真ん中に現値がありほぼレンジ状態と予想できます。また紫200MAと強めと思われるドル円111.368円のラインで値がピッタリ弾き返されている事からこの2本のラインはサポートラインとして機能していると予想されます。一応チャートパターン「フラッグ」ブレイク的な形にはなっていますが、上も下も壁に囲まれているため現値の位置からではまだどちらに動くかは判断できません。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、乱高下が沈静化した後の状況と見る事ができほぼレンジ状態と予想する事ができます。やはり現値の位置からですと上に動くか下に動くかは判断ができず、また明確なエントリーシグナルも見受けられない事から、様子見が妥当と思われます。

■まとめ

上も下も壁に囲まれておりしばらくはレンジ状態と予想する事ができます。また日本市場は休場ですが欧米市場は普通通り開場していますので、さらに下位足に落としてスキャルピングなどで細かく取っていく手法などをお持ちの方でしたらそれもありかと思われます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.