ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 5月4日

投稿日:

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては、ボリンジャーバンドは-2σから+2σまでほぼ平行でレンジ状態である事が見て取れます。ミドルバンドでもある赤線20MAがサポートラインとして機能していると思われ、3本前が陰線を付けたのですがそこで止められ次の足では弾みを付け一転上昇の陽線を付けました。そのままの勢いでボリンジャーバンドの+1σに到達すると思いきや到達する前に失速し現在は陰線を付けまた赤線20MAまで戻された形となってしまいました。現状では徐々に切り上がっていた高値がここにきて切り下がっていますので、上昇に待ったが掛かった状態となってしまった事が予想されます。




ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては、ボリンジャーバンドが収縮の様相を呈しておりまた3本前のローソク足からヒゲを付けボリンジャーバンドの+1σに沿って頭が抑えられている事からこの+1σはサポートラインとして機能していると予想されます。3本連続で陰線を付け徐々にその実態が大きくなってきている事から下落に拍車が掛かっているものと思われ、上昇への期待は徐々に遠のいていっているものと予想されます。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、チャート形状がほぼダブルトップの形状と化しており、また一番最後のローソク足が巨大陰線を付けた事、そして更にボリンジャーバンドがこれから広がる兆候が見られる事からここより下降方向へバンドウォークが開始される可能性が高くなってきたと予想されます。赤線20MAも上から下抜けておりまた若干下向きに傾倒が見られる事からもその可能性は濃厚と思われます。しかしながら機関投資家も注目し移動平均線では唯一強力な壁として機能するとされる紫200MAで現値が下支えされている状況ですのでこれを上から下抜けするか、反発して上方向へ行くかの局面にあると思われこれを上から下に抜けない限りは下降方向へ勢いが出づらいものと予想されます。




■まとめ

日足ローソク足8本前の直近最高値から6本連続で高値を切り下げてきており、2本前で高値を切り上げたものの赤線20MAがレジスタンスラインとなり最後の足では更に巨大陰線を付け下落に拍車が掛かってしまいました。単に戻りの調整的な一時的上昇と見られすでに上昇方向への期待は薄く下降目線へ移ったものと思われます。最後の難関である紫200MAを上から下抜けすれば本格的に下降方向へ勢いが出るものと予想されます。

ボリンジャーバンド FX 手法 1

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は一度エントリー後に巨大陰線を付け大きく引き戻されましたがその後切り返し陽線連続2本で利確まで到達してくれました。やはり方向性が合っていれば時間と共に然るべき方向へ行ってくれます。

ボリンジャーバンド FX 手法 2

こちらのボリンジャーバンド FX 手法はそろそろ利確、その後利確の瞬間です。

その後

こちらはなんと利確直前でまさかの行って来いで切り返されブレイクイーブンで詰めた損切りへ引っかかってしまいました。利確まではマイクロピップスで到達しませんでした。このような事もあるのでブレイクイーブンは出来る限り心がけたほうがよいですね。

ボリンジャーバンド FX 手法 3

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は5、6PIPS滑ってBUYエントリーとなったもののしっかり約定しその後は弾みを付け巨大陽線後に無事利確まで到達してくれました。利確ターゲット到達後にヒゲを付けて弾き返されている事からこのフィボナッチラインは使われていたという事が言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 4

こちらのボリンジャーバンド FX 手法はやはりエントリー後に一旦大きく引き戻されましたがその後巨大陰線2本できれいなダウ理論を描き利確まで到達してくれました。利確ターゲット到達後に陽線を付け弾き返されている事からこのフィボナッチラインは使われていたという事が言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 5

こちらのボリンジャーバンド FX 手法はこちらは利確到達まで若干時間が掛かった事例です。サクッとエントリーラインに値が当って大きく引き戻されましたがその後然るべき方向へいききれいな下降ダウ理論を描きながら連続陰線で利確まで到達してくれました。利確到達後に巨大陽線を付けトレンド反転している事からこのフィボナッチラインは使われていたと言うことが言えます。

--------------------

なんと記念すべき平成最後の年にプロップトレーダーデビューを果たしたわたくしですが令和元年からも中々好調な出だしです。ある意味これで自分的にはこれまでのカオスが終わったのかなーとも思いますね。自分的には平成とともにトレーダーもどきが卒業できた感じがして中々よいですね。それではまた!チャオ!

-ボリンジャーバンド
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.