ドル円予想

ドル円予想 5月14日

投稿日:

ドル円の現在値:109.300

※14日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
17:30 イギリス ポンド(GBP) 失業率

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、1本前のローソク足が陽線を付けたものの最新のローソク足ではそれを全て否定する更に長い陰線が形成されバンドウォークが継続する形となりました。ダブルトップを付けた直近高値から順調に下降しており下落に歯止めが掛かっていません。現在は直近安値も上から下割れしてしまい現在強めと思われるドル円109.337円と109.193円のダブルのサポートラインでヒゲを付けて止まっている事からこのラインがサポートラインとして機能していると思われます。今後これらのサポートラインで弾き返され上へ行くか更に下割れして下落するかの局面にあると言えます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、順調に下落し続け、きれいなダウ理論を描いています。また各ラインごとに下落が一旦止まっている事からこれらのラインが全て壁として機能している事が確認できます。現在は109.337円と109.193円のラインのちょうど間に現値が位置しておりこれを上抜けするか下抜けするかが注目される局面であると思われます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、レンジを形成していましたが下ブレイクしレンジが破られました。現在はブレイク後の戻りを付けている状態と思われ、一回上のレジスタンスラインに戻った後更に下落を再開するものと思われます。

■まとめ

現値の位置からでは上のレジスタンスラインまで戻るのかこのまま下落するのかが分からない為様子見が妥当と思われます。セオリー的には上のレジスタンスラインまで戻った場合はそこより売りを発動できるものと予想されますが、すぐ下の109.337円のラインまでは12PIPS程度しか無いためこれも少々難しいと思われます。そのため現状ではやはり様子見が妥当と思われます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.