普通商材

恋スキャFXビクトリーDX完全版レビュー

投稿日:2017年9月4日 更新日:

こんにちは、Trader MASAKIです。

本日は恋スキャFXビクトリーDX完全版レビューしていきたいと思います。

■商材概要

はいおなじみですね。

クロスリテイリング社の創業者FX-Jin(山口考志)氏の代表的な作品でございます。

現在社長業は弟子に地位を譲っているみたいですが、現在までクロスリテイリング社を率いて来ました。

まあここの少々大げさな誇大的セールスレターと、これでもか!と言わんばかりの素晴らしい勝率表示、簡単にサクサクPIPSが取れるような表現はかなり知られたところですが、まあそれでも私が判断する限り、手法はそこまで悪くもなく、一応高速スキャルロジックなんかはマルチタイムフレーム分析を取り入れたトレンド中の押し戻しを狙ったような手法なので、至極まともなんじゃないかなーとも思ったりします。

インジケーターを3つほど使いますがトレンド、レンジなどの判断基準が分からない初心者にも分かりやすく配慮されたものと思われますので、エントリー基準も明確になり、まあ良いんじゃないかと思います。

■商材内容

商材内容はそこそこのボリュームです。

しかしロジックと関係ないものもちょっと多いですね。

■チャートについて

付属チャートはありません。

自分でインジケーターをセットしていきます。

■手法概要

基本的にエントリー時間足は5分足チャートが推奨されています。

時間帯もニューヨーク時間が良いと言っておられますのでトレードスタイルは「深夜張り付き型」になります。

トレンド感知ロジック、レンジ対応ロジック、高速スキャルロジックの3本立てで、高速スキャルロジックに関してはマルチタイムフレーム分析を取り入れていてそこそこ本格的です。

基本的に全部、BB(ボリンジャーバンド)とRSI+MACDを使った手法となります。

RSIが○○、MACDが○○の時、BBに○○でエントリー!と言う感じですね。

あとはオマケで応用編としてゾーントレード、ライントレード、レイヤートレードが、解説されていますが、まあなんかよく分からないですね。

ホワイトボードに線書いて説明しているだけなので、実際のチャート見ても分からないです、ハイ。

資金管理についても資金管理早見表なるものが1つ付いているだけで、実践で使えるような知識や具体的なロット計算方法については解説されていません。

こういう人が失敗しますよ、とか、無計画にロットをあげてはいけませんよ、のような説明に終始してますので、資金管理ノウハウや破産確率の知識などは別途学んだ方が良いでしょう。

マインドに関してはさすがFX-Jin氏。

自分流の哲学を熱く語っておられますので、引き込まれてしまいますね。( *゚д゚)b

■商材についている特典について

サポートに関してですが、90日間の回数無制限のメールサポートが付いています。

そして会員サイトに質問を書き込めるところがありますが、ここのサポートは無期限ですね。

他人の質問も全て見る事ができます。

その他、回答動画サポート、節約術、オンラインセミナー参加権などなど合計9つの特典が付いてきます。

■総合評価

トレードロジックは悪くはありませんが、やはり程度としてはそんなに高くはありません。

ストキャス80%以上で売り、20%以下で買い、とかそんなレベルです。

ちょっとぶっちゃけてしまうと、ロジックも「そんなにうまくいくか?」と言う感じですね。

そもそもインジケーターが条件を満たす場面がそんなになく、満たしたとしても一瞬です。

これは分かると思いますが、いかんせん5分足なのでインジケーターが条件を満たすのは一瞬です。

その一瞬を捉えるべく2時間も3時間も延々と画面を見続けてるのは正直あまり現実的ではありません。

やったことがある人は分かると思いますが、かなりしんどいですよね。

気付いた時にはもうチャンスを逃していたりとか、遅めに入って損失になったりとか、それを毎日繰り返す訳ですからね。

全部利益になればいいですが、大体損失が重なるんじゃないでしょうかね。

挙句の果てには資金がみるみる減ってきて、エントリー恐怖症になって、エントリーができなくなりますね!( *゚д゚)b

これがスキャルの落とし穴です。

まあでもロジックを否定している訳ではありませんよ!出来る人は出来ると思います。

なので以上の点から、

67点

まあ、ある意味エントリーポイントや利確、損切りポイントなどははっきりしているので、そこそこやりやすい商材だと思います。




-普通商材

Copyright© FX商材レビュー , 2017 AllRights Reserved.