ドル円予想

ドル円予想 6月4日

投稿日:2019年6月4日 更新日:

ドル円の現在値:107.929

※4日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
10:30 オーストラリア ドル(AUD) 小売売上高
13:30 オーストラリア ドル(AUD) RBA政策金利

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、巨大陰線2本を付け下落に歯止めが掛かっていません。今年始めに起こったフラッシュクラッシュまで値が戻ってきてしまいました。このフラッシュクラッシュによって一度この値幅分の指値、逆指値が全て狩られたと思われますが、時間が経っている為すでにまた相当数の注文が入っているものと見られますので、フラッシュクラッシュの値幅内に新たに壁を追加致しました。現在強めと思われるドル円109.909円にわずかにヒゲを付けて弾き返されている感じが見て取れますのでこのラインがサポートラインとして機能しているものと予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、やはり107.909円のラインで一度止まっていますのでこのラインが壁として機能していると予想されます。やはり4時間足も下落が止まる兆候が見られないことからまだエントリーを考えるには早すぎると思われます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、やはり107.909円のラインでヒゲを付けてローソクが止まっている事からこのラインが壁として機能しているものと思われます。若干チャートパターン「フラッグ」ブレイク的な形状になっていますのでここよりトレンドラインまでの回帰の上昇があるものと思われますが、いかんせん途中にドル円108.112円のラインが壁として立ちはだかっていますのでここで止められる可能性もありどのような軌跡になるのか判断が難しいところです。

■まとめ

現状では複雑に壁に囲まれている状況ですので新たなエントリーシグナルが出るまでは様子見が妥当と思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

見事トレンドラインまで回帰の上昇を見せた後そのトレンドラインで弾き返されました。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.