ドル円予想

ドル円予想 7月12日

投稿日:

ドル円の現在値:108.463

※12日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、ボリンジャーバンドや赤線20MAが共に平行である事からほぼレンジ状態と思われますが、しかしながら上昇トレーディングレンジを形成しており、その中を現値が推移中です。赤線20MAで1本前のローソク足が長い下ヒゲを付け弾き返されている事からこの赤線20MAはサポートラインとして機能していると思われます。またそれと同時に強めと思われるドル円107.909円のラインでもピッタリ止まって弾き返されている事からこのラインも壁として効いていると思われます。現在トレーディングレンジのちょうどど真ん中に現値が位置していますがセオリー的に行くとするならば上昇方向へ向かうものと予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、教科書のような上昇ダウ理論を形成中で、これまたきれいな上昇トレーディングレンジの中を現値が推移しております。現在機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAで頭を抑えられている事からこの紫200MAが壁として機能していると思われます。今後この紫200MAを下から上抜けするかもしくは弾き返されて下方向へ向かうかの局面にあると思われます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、赤線20MAを下から上抜けし赤線20MAが急激に逆J字を形成していることから上昇方向へ勢いが出ていると思われます。紫200MAも下から上抜けし、今後更に上昇方向へ拍車がかかるものと予想されます。しかしながら現状の位置からですと赤線20MAまで、もしくは紫200MAまでの回帰の下落が一旦あるものと思われ一時的に下落する可能性もあります。

■まとめ

今現在では明確なエントリーシグナルが何も見当たらないため様子見が妥当と思われますが、赤線20MA到達後もしくは紫200MA到達後に押し目エントリーとして買いを入れるのはありかと思われます。その場合上の強めと思われるドル円109.193円のラインまでは70PIPS強ありますのでそれなりの値幅が狙えるものと予想されます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.