ドル円予想

ドル円予想 7月18日

投稿日:2019年7月18日 更新日:

ドル円の現在値:108.104

※18日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
10:30 オーストラリア ドル(AUD) 失業率
17:30 イギリス ポンド(GBP) 小売売上高

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、ボリンジャーバンドや赤線20MAが平行である事からほぼレンジ状態と言う事が言えますが、一応上向きのトレンドラインを引く事ができ、上昇トレーディングレンジを再び形成中です。現在では強めと思われるドル円108.112円のラインのちょうどど真ん中で現値が止まっていますが、じわじわ上昇傾向にあるとも言えます。セオリー的には今後この上昇トレーディングレンジに沿って上方向へ行くものと予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、やはりじわじわとですが上昇トレンド風的な感じにはなってきており上昇トレーディングレンジの中を現値が推移中です。こちらも急角度ではありますが右肩下がりのトレンドラインをすでに抜け戻りを付けているようにも見えますのでこのまま素直に行くとすればトレーディングレンジ下のトレンドライン到達後に上方向へ向かうものと予想されます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、中々きれいなチャートパターン下降「フラッグ」を形成中です。セオリー的にはこのフラッグを上抜けしてくれるはずなのですが、いかんせん現状では数々の壁に挟まれていますので上のトレンドラインに到達するかすら分からない状態と思われます。現値の位置としてまずすぐ上にはドル円108.112円の壁がありそのすぐ上には機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MA、及び赤線20MAのダブルの壁がありますので上のトレンドラインに到達するまで計3つの壁を超えなければならず上値はかなり重い状況と予想する事ができます。また下方向に抜けようにも下方向には4時間足のトレンドラインと強めと思われる107.909円のラインがありますので下に抜けるのも厳しい状況と思われます。

■まとめ

とりあえず現状では上も下も壁に阻まれていますのでどちらに動くかは判断ができません。しかしセオリー的に行くとすれば上のトレンドライン到達後、そのラインを下から上ブレイクし上方向へ向かうものと予想できます。現状ではまだ明確なエントリーシグナルが確認できませんので様子見が妥当と思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

やはり不安的中でフラッグを上抜けできず下方向へ行ってしまいました。この場合のトレードはキャンセルとなりますが、下手に手前でエントリーするリスクを回避できたと言えます。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.