ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 7月27日

投稿日:

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては、ボリンジャーバンドが平行で下向きのためほぼ月単位でレンジ状態の売り圧力が強めと言う判断ができると思われます。下方向への圧力が強いのですが機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAで下方向が止められており買いと売りの圧力が拮抗しているものと予想されます。すでに過去直近2本のローソクが下ヒゲを付けて弾き返されている事からこの紫200MAをはかなり強力と判断する事ができます。現在も下ヒゲを付け陽線を描いていることからこのあと赤線20MAまで回帰の上昇に転じる可能性もあり上昇方向へ勢いが出るものと思われます。




ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては、上昇トレーディングレンジの中に現値があり、すでに上昇方向へ勢いが出て陽線が出現しています。安値を切り上げ、高値も切り上げている最中と思われます。このまま月足同様に赤線20MAかもしくは赤線20MAに重なっている紫200MAまでの回帰の上昇になる可能性が高いと思われます。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、マクロ的に見るとレンジ状態ですが、ミクロ的に見ると上昇トレンド的な感じになっています。ボリンジャーバンドが全て上向きで赤線20MAも上向きで赤線20MAがレジスタンスラインとして機能しているようにも見えます。このため上昇方向へは勢いがあるものと思われますが、しかしながら現値は直近高値部分に差し掛かっておりこの部分で止められる可能性があります。このすぐ上の水平ラインを抜けてもその上にはトレンドラインもありますので何気に上値は重たい状態であると予想されます。これらのラインを2本とも下から上抜けして上ブレイクするか、下へ弾き返されるかの局面にあると思われます。




■まとめ

現状では明確なエントリーシグナルが確認できないため様子見が妥当と思われますが、ドル円108.994円のラインを下から上ブレイクするリスクを承知でレンジトレーディングとして直近高値部分であるドル円108.994円のラインに値が到達後売りを発動するのもありかと思われます。その場合は下のトレンドラインを目指していくものと予想されますが現値より126PIPS程度あり1日で到達する値幅ではありませんので更に下位足に落として利確タイミングを図っていく必要があります。

ボリンジャーバンド FX 手法 1

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は、連続陰線を付けながらきれいなダウ理論を描いて利確まで到達してくれました。このようにストレートに行くとストレスフリーでいいですね。利確ラインを抜けたその後、次のローソク足で今度は上ヒゲを付けて下へ弾き返されている事が確認できる事からこのラインでサポレジ転換した可能性が高いと見られます。そのためこのフィボナッチラインは使われ機能していたと言う事が言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 2

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は、連続陰線を付けエントリーラインをブレイク後、また一旦大きくエントリーラインまで引き戻されましたがこのラインで上ヒゲを付けて弾き返されているためサポレジ転換したと見られ、その後に巨大陰線が出現しています。その巨大陰線で一気に利確ラインまで到達した後、更にその利確ラインでも下ヒゲを付けて上へ弾き返されています。この事からこのフィボナッチラインは使われ機能していたという事が言えます。

ボリンジャーバンド FX 手法 3

こちらのボリンジャーバンド FX 手法は、こちらも連続陽線で利確まで到達してくれた事例です。こちらも利確ラインであるフィボナッチ-61.8%のラインに到達後長い上ヒゲを付けて下へ弾き返されています。この事からこの利確ラインは結構強力な壁として機能したと思われます。この事からこのフィボナッチは使われていたと言うことが言えます。

-ボリンジャーバンド
-, , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.