ドル円予想

ドル円予想 8月12日

投稿日:

ドル円の現在値:105.613

※12日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、現値では若干陽線気味ではあるものの直近3本のローソク足は連続陰線を付け、また徐々に高安値も切り下げていることから強い下落の勢いが出ているものと予想されます。赤線20MAもきっかり斜め45度の右肩下がりでボリンジャーバンドに張り付いていると思われることから下落のバンドウォーク状態に突入しているものと予想されます。そのため引き続き下落方向へいくものと予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、やはり下落トレンドの真っ最中で直近ローソク足3本前ではヒゲだけですが直近安値を更新しました。また直近高値も超えていないことからダウ理論的にも下落トレンドのセオリーは崩れてはおらず引き続き下落方向へ行くものと予想されます。更に上が赤線20MAにべったり張り付いて止められていることからこの赤線20MAがレジスタンスラインとして機能していると見られます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAがきれいな斜め45度の右肩下がりでそれと平行するように赤線20MAも同じく右肩下がり更に教科書のようなきれいな下降を描いていることからほぼ文句なく下降トレンドの最中と言えます。上位足ではヒゲだけだった直近安値も明らかに更新しておりまた赤線20MAまで戻していることからこれより引き続き下落方向へ行くものと予想されます。

■まとめ

現在赤線20MAの戻しの位置まで現値が来ておりますので、まさに今が売り発動の良いタイミングであると思われます。その場合とりあえずは強めと思われるドル円105.055円のラインまでは56PIPS程度ありますのである程度の値幅が狙えるものと予想されます。しかしながら4時間足が若干20MAからローソク足が離れていますのでもしかしたら一度上方向へ上昇する可能性もあります。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

こちらは見事わたくしのブログ投稿直後にすぐ下方向へブレイクしてしまいました。わたくし自身が売りそびれてしまいました。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.