ドル円予想

ドル円予想 9月12日

投稿日:

ドル円の現在値:107.792

※12日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
20:45 ユーロ(EUR) ECB政策金利

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の、日足チャートから見てみます。ドル円 日足では、直近3本連続で長めの陽線を付け上昇方向へ勢いが出ています。赤線20MAも下から上抜けし、斜め45度のきれいな右肩上がりに変化、ボリンジャーバンドも広がりを見せています。先日からの予想通り、ローソク足がボリンジャーバンドの+2σに張り付いていたことからやはりバンドウォークを開始しはじめました。現在のところ何重にも重なった、強めと思われるドル円の壁を順調に下から上へ突破しつつある状態です。このままこれらのドル円ラインを下から上抜けし続ければ、108.112円の上に若干広めのフリースペースが広がっている為、更に上方向へ行きやすくなるものと思われますが、更にその一段階上の109.193円付近には、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAが重なるように鎮座しているためこの付近で一旦止められる可能性があります。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円、4時間足チャートに移ります。ドル円、4時間足チャートでは、紫200MAの上側に現値が位置し買い優勢、赤線20MAもきれいな斜め45度右肩上がりで教科書のような上昇ダウ理論を描いている事から、文句なしのきれいな上昇トレンドの最中ということが言えます。紫200MAで最初の押し目を付けた後、各ドル円ラインでピッタリピッタリ押し目を付けていることが確認できます。このことからこれらの各ドル円ラインはほぼほぼ機能している事が予想されます。チャート画像と説明は省きますが、MACDにおけるダイバージェンスも出ていないため、まだしばらく上昇方向へ行くものと思われます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足チャートへ移ります。ドル円、1時間足チャートでは、上昇トレーディングレンジの中を現値が推移しています。こちらも各ドル円ライン一つひとつで押し目を付けている事が確認できます。またそれと重なるように赤線20MAでもピッタリ押し目を付けていることから、やはりこれらのドル円各ラインと赤線20MAがサポレジラインとして機能しているものと思われます。現在はボリンジャーバンドが収縮していますが更に広がる兆候が見て取れますので、更に上方向へ行くものと予想されます。

■まとめ

現在は4時間足、1時間足共に文句なしの上昇トレンド最中ですので、これより先赤線20MAで押し目を付けるか、すぐ上のドル円107.909円のラインを抜け、同ラインで押し目を付けた事を確認した後に買いエントリーを発動するのもよいかと思われます。その場合の利確目安としてはドル円107.909円の更にもう一段階上、108.112円までは20PIPS程度ありますのである程度の値幅が狙えるものと予想されます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

見事すぐ上のドル円107.909円のラインを抜けた後108.112円のラインまで到達致しました。その後まるで用を終えたかのように連続陰線を付け、行って来いでブレイクポイントまで戻ってしまいました。このことから、ドル円108.112円のラインがレジスタンスラインとして機能したことが伺えます。しかしながらドル円107.909円を抜けた後、セオリー的には同ラインで押し目を付けるのがセオリーですが、押し目を付けずにそのまま上昇してしまいました。あまりに勢いがありすぎると押し目を付けずにそのまま上がっていってしまうこともあります。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.