ドル円予想

ドル円予想 9月17日

投稿日:

ドル円の現在値:108.009

※17日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
10:30 オーストラリア ドル(AUD) RBA議事録公表

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の、日足チャートから見てみます。ドル円 日足では、現値の陽線が不自然にできあがっていますが、これは多分スプレッドの開きなどによるFXブローカー側のシステム的な要因であると思われます。その後の値動きとしては、強めと思われるドル円108.112円のラインで頭を抑えられてから急下落し、その窓を埋めるかのように、現在急激に上昇してきていますが、またしても108.112円のラインで上ヒゲを付けて止められていることが確認できます。そして未だにローソク足の実体部分がこのドル円108.112円のラインからまだ一度も下から上抜けして確定していないためこのラインはかなり強力であると予想されます。このあとこのドル円108.112円のラインを下から上抜けできるかがとりあえず注目されますが、現時点では高値を切り下げているため、上昇する可能性は低いものと予想されます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円、4時間足チャートに移ります。ドル円、4時間足チャートでは、6本前のローソク足がやはり不自然にできあがっており急激に窓を開けて下落していますが、その後連続陽線で窓埋めが終了したものと思われます。現時点ではやはりドル円108.112円のラインで頭が抑えられている感があり、やはり同ラインはかなり強力であると思われます。こちらはそのドル円108.112円のラインを若干ローソク足の実体が上抜けして確定している部分もありますが、赤線20MAも更に緩やかになってきており、やはり上昇の勢いが弱まってきていると予想されます。ボリンジャーバンドが収縮しまた広がる兆候が見て取れるものの、こちらも一旦赤線20MAを大幅に割り込んでいることからこれより下降傾向になる可能性が高いと思われます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足チャートへ移ります。ドル円、1時間足チャートでは、チャートパターン「ヘッドアンドショルダー」確定、急下落からの急上昇劇を見せ、現在こちらも窓埋めが終了していますが、この急上昇がただの買い戻しの急上昇である可能性も高く、これよりまた下落方向へ行く可能性が濃厚と思われます。とりあえずは目の前のドル円108.112円のラインを下から上抜けできるかが注目されますが、その前に一旦赤線20MAまでの回帰の下落があると思われます。その後赤線20MAで押し目が付けられ上方向へ行くのか、上から下抜けして下方向へ行くのかのパターンになりますが、同ラインを上から下抜けした場合、下方向へ勢いが出る可能性があります。現在では上はドル円108.112と下は107.909円のラインに挟まれたゾーンから抜け出せておらず、これをどちらかに抜けた方向へ勢いが出ると思われます。

■まとめ

現時点では上方向と下方向のどちらに勢いが出るかの分岐点に現値があると思われますので、エントリーをする段階ではないと思われます。これらのドル円各ラインを抜けた方向へ付いていくのがよいエントリー方法であると思われます。その場合現値より下のドル円107.909円のラインを上から下抜けした場合の利確目安は更に一段階下のドル円107.679円のライン、もし現値より上のドル円108.112円のラインを下から上抜けした場合、上にはフリースペースが広がっていますので、更に下位足に落として利確ポイントを割り出していく必要があります。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.