ドル円予想

ドル円予想 9月23日

投稿日:

ドル円の現在値:109.730

※23日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の、日足チャートから見てみます。ドル円 日足では、4本前の長めの陽線で強めと思われるドル円108.112円と109.193円に挟まれた広めのフリースペースに頭を出しこれから上昇していくと思いきや、その次のローソク足で同陽線を上回る陰線を出しドル円108.112円のライン以下のドル円の壁群に引き戻されてしまいました。現在では直近安値付近で止められ若干上方向へ弾き返されていますが、赤線20MAまでの回帰の下落と合わせて巨大陰線2本出現しておりますのでこれより下落方向へ引き続き向かう可能性が高いと思われます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円、4時間足チャートに移ります。ドル円、4時間足チャートでは、直近安値で止められているもののやはり長めの陰線が目立ち下落方向へ転換している最中と見られます。赤線20MAが下方向へ傾きかけていますが、まだ赤線20MAまでの回帰の上昇が見られないため一旦同ラインに向け上昇する可能性があります。また下落ムードに転換したとは思われるものの、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAはいまだ右肩上がりで同ラインの上に現値が位置していますので上目線は崩れていません。そのため一時的に下方向へトレンドが出る可能性はありますが、すぐ上方向へ戻されることも想定しておかなければなりません。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足チャートへ移ります。ドル円、1時間足チャートでは、ドル円108.112円のレジスタンスラインと107.909円のサポートラインを複数回行ったり来たりを繰り返した後、そのすぐ下の紫200MAを勢いよく上から下抜けし下落目線が確定しました。窓をあけて上昇してはいるものの、陰線作成途中で再び下落方向へ勢いが出ている最中と思われます。しかしながら4時間足同様赤線20MAまでの回帰の上昇がまだ見られませんのでこれより一旦上昇方向へ行く可能性があります。

■まとめ

赤線20MAが平行から再び右下がりになりましたので、下落再開となる可能性が高いと思われます。これより赤線20MA、及び紫200MAまでの回帰の上昇で同ラインに値が到達後にレジスタンスラインとして機能したと思われた場合は、売りエントリーを発動するのもよいかと思われます。しかしながら107.679円のラインがそれをまたぐように鎮座していますのでこのラインですぐ止められる可能性もあることを念頭においたエントリーとなります。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

ものの見事に予想通り赤線20MAまでの回帰の上昇の後、赤線20MAで頭を抑えられて急下落し、ドル円107.302円のラインで止められました。これぐらい思い通りのきれいな軌跡を描いてくれるとストレスフリーでいいですね。このトレードは成功トレードということが言えます。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.