ドル円予想

ドル円予想 9月25日

投稿日:2019年9月25日 更新日:

ドル円の現在値:107.100

※25日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
11:00 ニュージーランド ドル(NZD) RBNZ政策金利

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、直近長めの陰線連続4本を出し、下落に拍車がかかっています。赤線20MAまでの回帰の下落が終了しそこで押し目を付けるかと思いきや、そのまま上から下抜けしてしまいました。しかしながら赤線20MAはまだ右肩上がりですので、上昇の勢いが復活し、結果押し目となる可能性もあります。ですがこの時点で押しがかなり深い為一旦戻りの上昇を見せた後に赤線20MAがレジスタンスに変わり再びそのまま下落する可能性が高いと思われます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、かなりの長期間買い優勢だった相場状況がつい先程、売り優勢へと変わりました。3本前のローソク足で巨大陰線を出し、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAを上から下抜けしてしまいました。更に次のローソク足では同ラインで巨大な上ヒゲを付け、レジスタンスラインとして機能したことが確認できることから、これより下落方向へ拍車が掛かるものと予想されます。このあと一旦、強めと思われるドル円107.302円と紫200MAが重なるラインまで戻りの上昇を見せた後に再び下落方向へ行くものと思われます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、これから急下落からの買い戻しが始まるものと見られ一時的に上昇する可能性があります。1時間足チャートでも巨大な上ヒゲを付けたローソク足が確認でき、ほぼ短期間でサポレジ転換が完了したものと思われます。この買い戻しは4時間足の戻りの上昇とも重なる為、一時的な上昇が発生する可能性は極めて高いと思われます。そのためリスクを承知で買いエントリー発動を考慮しても良いかと思われます。

■まとめ

あくまで買い戻しでの上昇ですのですぐに下落する可能性があります。なのでリスクを承知でのエントリーということになります。その場合右肩下がりの赤線20MAで重なるであろう、ドル円107.302円までは現値より上19PIPS程度ありますのである程度の値幅が狙えるものと思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

ものの見事に買い戻しの動きが発生し、ドル円107.302とそれに重なるように赤線20MAまで値が到達しました。このトレードは成功トレードと言うことが言えます。このように予想通りの軌跡を描いてくれるとストレスフリーでいいですね。しかしながらその後はセオリー通り下へ弾き返されず、上へ抜けていってしまいました。相場はランダムですので中々セオリー通りの動きをしてくれないことは多く値動きの6割を読めればほぼほぼトップトレーダーと言われていますね。逆に言うとトップトレーダーの人たちでさえ6割しか当てられないわけです。最近ではその中で相場的中率100%!とか訳の分からない商材や誇大広告が目立ちますが、よく考えると100%当てられればこのFX取引自体が成り立ちませんからね。その辺を理解してもらいたいですね。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.