ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 9月28日

投稿日:

ボリンジャーバンド FX 手法 見方 ドル円 9月28日

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 月足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 月足チャートの見方としましては、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAのほぼ真上に現値が位置し、また直近1ヶ月で同ラインをまたいでいることから拮抗の激しいレンジ状態だった一ヶ月ということが言えます。またボリンジャーバンドもほぼ平行で先月のローソク足より小さくなり、高値を切り下げ安値も切り上げていることからボラティリティも縮小傾向にあったと思われます。さらに今月は陽線で終わろうとしているものの、トレンドラインで頭を抑えられている感が見て取れることから、売り目線が濃厚になっているものと予想されます。




ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 週足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 週足チャートの見方としましては、現値が紫200MAの下側に位置していることから、ほぼ売り目線が濃厚で更に赤線20MAは右肩下がり、なおかつきれいな下降トレーディングレンジができていることからほぼほぼ文句なしの売り相場と言うことが言えます。ボリンジャーバンドも縮小し現値も赤線20MAの戻しの位置に存在していることから、セオリー的にはこれより更に売り方向へ勢いがでるものと予想されます。しかしながら微力ではありますが下降トレーディングレンジ、及び赤線20MAを上抜けて確定していますので若干上方向へ勢いが出てレンジに突入か、もしくは上昇方向へ勢いが出る可能性があります。

ボリンジャーバンドの見方:
ドル円 日足チャート(来週の予想)

ボリンジャーバンド ドル円 日足チャートの見方としましては、45度右肩上がりの赤線20MAで、深めではありますが押し目を付け上昇方向へ向かっている最中です。ボリンジャーバンドも上向きで一見上昇方向へは勢いがありそうに見えますが、すでに+2σが平行になりつつあることから上昇方向へ勢いがなくなってきたものと予想されます。また+1σでも上ヒゲをつけて現値が止められていることから+1σがレジスタンスラインとして機能しているものと思われます。このあと紫200MAまでは上昇する可能性はありますが、そのライン以降はどちらに向かうかはまだ判断はできません。




■まとめ

紫200MAまでは上昇する可能性はあるもののすでに深めの押しをつけ、ボリンジャーバンドの+2σが平行になっていますので、上昇の勢いはすでに衰え始めているものと予想されます。そのため直近高値を超えることなく下落方向へ行く可能性もあります。これらの分析から安易な買いは持たない方が妥当と思われます。

Trader MASAKIのトレード記録 1

こちらのトレードはわたくしTrader MASAKIがシステム及びルールを構築しました、わたくしの得意手法でもありますボリンジャーバンドトレーディングです。

売りエントリー発動後、順調に下げていき、31PIPS利確決済ラインに到達しました。

Trader MASAKIのトレード記録 2

こちらのトレードはわたくしTrader MASAKIがシステム及びルールを構築しました、わたくしの得意手法でもありますボリンジャーバンドトレーディングです。

利確決済ラインまであと僅かで到達です。

その後

利確ターゲットラインであるフィボナッチ-61.8%のラインに到達し約80PIPSの利益確定です。その後次のローソク足が現れサポレジ転換的な値動きが確認できることからこのフィボナッチラインは使われ機能していた、と言うことが言えます。

-ボリンジャーバンド
-, , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.