ドル円予想

ドル円予想 9月30日

投稿日:2019年9月30日 更新日:

ドル円の現在値:107.910

※30日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
17:30 イギリス ポンド(GBP) 第2四半期GDP

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、赤線20MAが真っ直ぐピンと斜め45度の右肩上がりをキープしていますが、強めと思われるドル円108.112円のラインで頭を抑えられ、現値はローソク1本前の高値を切り下げました。現在では陰線で始まり上昇の勢いに陰りが見えてきた事が伺えます。やはりポイントがローソク足5本前の深めの押しで、先日からの予想通り「直近高値切り下げからの下落」か「ダブルトップを付けた後の下落」か「ヘッドアンドショルダーを付けた後の下落」が現実味を帯びてきました。また現値より100PIPS(1円)程度上には機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAとそれに重なるようにボリンジャーバンドの+2σがダブルで鎮座しているためこれらのラインが強力な壁となる可能性が高いと思われます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、下落トレンドで紫200MAを一回上から下抜けしたものの、また同ラインの上に顔を出し、更に赤線20MAも下から上に抜けトレンド転換しました。現在ではまるで教科書のようなきれいな上昇ダウ理論を描いています。ドル円107.679円のラインから上、107.909円のライン、108.112円のラインで段階的にピッタリピッタリ止まっていることから、これらのラインがレジスタンスライン、サポートラインとして機能しているものと思われます。現在ではドル円108.112円ラインでローソク足2本が頭を抑えられ、またボリンジャーバンドも収縮傾向にあることから、上昇方向へはやはり陰りが見えてきたものと予想されます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、やはりドル円の各ラインで止められていることが確認できこれらの壁で段階的に弾みを付け上昇していることが見て取れます。現状では現値が紫200MAの上にあり、買い目線は崩れていませんが、徐々に赤線20MAの下に潜り込んできている状態のためやはり上昇方向への勢いが衰えてきたものと思われます。ボリンジャーバンドも収縮し、これよりレンジ状態突入からの下落方向転換になる可能性が濃厚となってきました。

■まとめ

現状では赤線20MAの下に現値が潜り込み、更に下には紫200MAとこれら2本の壁に挟まれた状態になってしまいましたので、これより深めの押しを付け、また上方向へ行くのか、そのまま下落するのか分かりませんので、明確な方向性が出るまでしばらく様子見が妥当と思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

予想通り一旦下方向に行きましたが、すぐに紫200MAに止められてしまいました。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.