ドル円予想

ドル円予想 10月1日

投稿日:2019年10月1日 更新日:

ドル円の現在値:108.085

※1日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
13:30 オーストラリア ドル(AUD) RBA政策金利
17:30 イギリス ポンド(GBP) 製造業PMI
21:30 カナダ ドル(CAD) GDP
23:00 アメリカ ドル(USD) ISM製造業景況指数

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、ローソク足5本前で深めの押しを付けた後、上ヒゲを付けながらもなんとか上昇している状態ですが、やはり陽線を保ちながらもすべてのローソク足に上ヒゲが付いていることから、そんなに上昇の勢いは感じられず上げ渋っている感がにじみ出ています。現在ではまたしても昨日同様強めと思われるドル円108.112円のラインで頭を抑えられ現状では下位足で見るとダブルトップ的な感じになっているかと思われます。ただあくまで現段階での話ですのでこの後ドル円108.112円のラインを上に抜けていく可能性もあります。この後本日は指標発表が乱立していますのでどのような動きになるかはほぼほぼ判断は付きません。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、赤線20MAが右肩上がりで直近同ラインで押し目を付けている事が確認できることから赤線20MAがレジスタンスラインとして機能しているものと予想されます。機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAの上に現値が位置し、また教科書のようなきれいな上昇ダウ理論を描いていることから、ほぼ文句なしの上昇トレンドと思われますが、やはりドル円108.112円のラインで頭が押さえられている感があり、これを上へ抜ければ上昇ダウ理論継続ですが、下方向へ行った場合はダブルトップが完成してしまいますので、下方向へ行く可能性があります。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、押しが深めながらもなんとか緩やかな上昇トレンドを描いていますが、1時間足ではすでにダブルトップが完成しつつあるビジュアルとなっています。先日まではなんとか直近高値を超えてきていたのですが、今回は若干ですが分かるか分からないか程度に直近高値を切り下げておりここらへんでそろそろ上昇が限界かなと思われる場面でもあります。ここで見るべきものはダイバージェンスですが、ダイバージェンスが発生していた場合はかなりの高確率で下落するものと予想されます。正確に言うと高値を切り上げていないのでダイバージェンスではないのですが、MACDが切り下げていた場合は上昇の勢いが弱まっているという判断材料になります。ダイバージェンス的な画像は下に載せます。やはりまだ確定的ではないもののMACD高値は切り下げ感が出ていますのでここらへんで上昇トレンドが終焉する可能性があります。

ダイバージェンス「的」なチャート

※クリックで拡大

ダイバージェンスとはローソク足の高値は切り上げているのに、MACDの高値は切り下げている逆行現象のことで上昇の勢いが弱まっていることを示しており、その後高確率でトレンド転換する可能性が高いことを示しています。
こちらはローソク足の高値は切り上げていないので正確にはダイバージェンスではないのですが、MACDが切り下げていることを確認することによって上昇の勢いが弱まっているという判断材料になります。

■まとめ

ただ本日は日足の部分でも説明しましたが、値動きに影響を及ぼすと思われるかなり強力な指標発表がいくつも乱立していますので、それ以降でなければ、今後の状況は分かりません。現段階では直近取りあえず赤線20MAまでの回帰の下落になる可能性が高く10PIPS程度は下に行く可能性が高いと思われます。しかしながらそれですとダブルトップが完成してしまいますので、その後の赤線20MAでの押し目買いは見合わせたほうが無難かと予想されます。ただしまだ上に行くと思われる方はリスクを承知で買いを入れるのは全然ありかと思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

予想通り赤線20MAまでの回帰下落を見せた後、押し目を付けて上方向へ行ってしましました。リスクを承知で買いを入れた場合は結果的にこのトレードは成功トレードになりました。ダブルトップが破られたもののその後は予想通り下方向へ行き、結果的には両方の予想が当たったことになりました。セオリー的には中々行かない相場様ですが、ここまでほぼ自分の分析通りの値動きをしてくれれば我ながら上出来と自分を褒めても良いかと思います。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.