ドル円予想

ドル円予想 10月8日

投稿日:2019年10月8日 更新日:

ドル円の現在値:107.288

※8日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、ダブルトップが確定し下落方向へ勢いが出るかと思いきや強めと思われるドル円106.646円のラインで下が止められて巨大な陽線が出現し上しへ行ってしまいました。これは赤線20MAを上から下抜けてからの一回目の戻しを付けに戻っている状態と見ることができますが、赤線20MAは平行になっていますのでそのまま一旦レンジ状態に突入する可能性もあります。ドル円106.646円のラインで日足のローソクが下3本も止められ、またそのうちひとつも実体が抜けきっていないことからこのラインはかなり強力なサポートラインとして機能しているもの予想されます。現在今度は107.302円のラインで上ヒゲを付けて上が止められていることからこのドル円107.302円のラインもレジスタンスラインとして機能しているものと思われます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAで見事に上が止められていることが確認できます。また下方向もドル円106.646円のラインで2、3回弾き返されていることが確認できることからやはり日足同様こちらも強い壁として機能しているものと思われます。現在現値は平行になりつつある赤線20MAと紫200MAに挟まれた位置にありますのでこれよりこれらの間で拮抗しレンジ状態になるものと予想されます。この後上か下のどちらかに抜け明確に方向性が出るまではどちらに行くかは分かりません。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、日足と4時間足の売り優勢相場に逆らって上方向へ勢いが出ました。こちらも4時間足同様紫200MAにて見事に上が止められていることが確認できます。同ラインがドル円107.302円のラインと重なっていることもありこれらのラインはかなり強力な壁になっているものと思われます。これよりセオリー的には赤線20MAまでの回帰の下落になると思われます。

■まとめ

これよりセオリー的には赤線20MAまでの回帰の下落になるものと予想されます。その場合赤線到達までは現値より約25PIPS程度は進むものと思われ、リスクを承知でそこまでの売りを考えても良い場面かと思われます。目安としてはフィボナッチ-61.8%のラインである107.105円のラインまで18PIPS程度が直近の利確決済ターゲットとなります。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

そのまま下落方向に行くかと思いきや一旦戻りを付けてからの下落となりました。やはり戻りは待つべきですね。リスクが最小になるからです。
その後予想通り利確ラインまで到達しました。仮に損切られても再エントリーをしていれば成功トレードとなっています。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.