ドル円予想

ドル円予想 10月9日

投稿日:2019年10月9日 更新日:

ドル円の現在値:107.059

※9日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
27:00 アメリカ ドル(USD) FOMC議事録公表

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、直近巨大陰線3本を出し下落に勢いが付きましたが、強めと思われるドル円106.646円のラインで下が止められ、今度は弾き返されて上方向へ勢いが出たかと思いきやドル円107.302円ラインで頭を止められました。現在はこれらラインの間のゾーンに現値がありレンジ状態になっているものと思われます。やはり先日からの予想通りダブルトップからのレンジ状態になりこの後赤線20MAまでの回帰の上昇になった後、セオリー的には下方向へ勢いが出るものと予想されます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、現値よりすぐ上には機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAとそれに重なるようにドル円107.302円のラインが鎮座し、また下には赤線20MAがあることからこれらのラインの板挟みでレンジ状態になっているのもと予想されます。ボリンジャーバンドもほぼ平行で広がる兆候は見られないことからしばらくレンジ状態が続くものと予想されます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、ものの見事に紫200MAで頭が2回も抑えられ同ライン上でダブルトップが形成されました。その後急落し、巻き返されましたが再び紫200MAで頭を抑えられ、現在下方向へ向かっている最中です。赤線20MAが右下がりになり同ラインで戻りを付けていることから売りを発動してもよい場面かと思われます。

■まとめ

現在戻り売りの良いタイミングですので、売りを発動するのも良いかと思われます。その場合、下のドル円106.646円のターゲットラインまでは36PIPSありますので、それなり値幅が狙えるものと予想されます。


こんな感じのエントリーになります。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

売りエントリー発動後、6PIPSぐらいは順調に下げ始めたものの、その後巨大陽線によって巻き返され上方向へ勢いが出てしまいました。結果損切りにまで到達してしまいました。4時間足でちょうどトレンド転換を始めており、その辺に巻き込まれた感があります。中々セオリー通りには行かないものですね。こういう時のためにも資金管理でしっかり資金をコントロールしなければなりません。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.