ドル円予想

ドル円予想 10月10日

投稿日:2019年10月10日 更新日:

ドル円の現在値:107.548

※10日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、ローソク足6本前の直近最安値以降から段階的に安値を切り上げ上昇方向へ勢いが出ています。1本前のローソク足で高値を切り下げておりレンジ状態かと思いきや2本前の高値も抜け上昇方向へ勢いが出てしまいました。結果的に赤線20MAまでの回帰の上昇がほぼ終了ということになり、これよりこの赤線20MAで弾き返されて下へ行くのか、上へ抜けて上方向へ行くのか、はたまたレンジ状態へ突入するのかの局面であると思われます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAを下から上抜けし、再び買い優勢の相場状況となりました。赤線20MAも下から上抜けし右上がりに変化し、また同ライン上で押し目を付けていることから、上昇トレンドへと転換した感じが見て取れます。ボリンジャーバンドも広がる兆候を見せまた+2σに張り付いていることからこれより上昇方向へバンドウォークを開始する可能性が高いと思われます。しかしながら現値は上昇トレーディングレンジの上のトレンドライン部分にありますので一旦このトレーディングレンジに沿って下方向へ行く可能性もあります。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、やはり紫200MAを値が下から上抜けし4時間足同様売り相場優勢から買い相場優勢へと状況が移動しました。紫200MAも下向きから平行、そして若干上向きになる兆しが見えていることから、現時点でトレンド転換している最中かと思われます。現在では上昇トレーディングレンジの上部分に現値がありこのトレーディングレンジに沿って下方向へ行くものと思われますが、下方向へは紫200MAと右肩上がりの赤線20MAが交差して鎮座しているためこのラインで再び上方向へ弾き返される可能性もあります。

■まとめ

現状では紫200MAと赤線20MAの交差部分を上から下抜けして下へ行くのか、同ラインで弾き返されてまた上方向へ行くのか判断できませんので、明確なシグナルや方向性が出るまでは様子見が妥当と思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

予想通り赤線20MAまでの回帰の下落の後、上へ弾き返されず、思いっきり巨大陰線を付け下抜けてしまいました。その後にまた上方向へ復活、今度は赤線20MAで押し目を付けて上方向へいきました。中々一癖ありますね。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.