ドル円予想

ドル円予想 10月14日

投稿日:

ドル円の現在値:108.496

※14日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、強めと思われるドル円106.646円の直近安値ラインで上方向へ弾き返されて以降連日上昇を続け、トリプルトップ的なビジュアルとなりました。上方向へ勢いが出ているものと思われますが、トリプルトップに加えすぐ真上には機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAも鎮座していることから上値は相当重たいものと予想されます。しかしながら紫200MAが下向きから平行になりかけ、ボリンジャーバンドも広がる兆候が見て取れますのでこれより更に上昇方向へ勢いが出て同ラインを下から上へ抜ける可能性もあります。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、ドル円108.112円と109.193円に挟まれたフリースペースに現値がステージを移しました。すでに現値はボリンジャーバンドの+2σに張り付きバンドウォークを開始しており、また赤線20MAと紫200MAも右上がりで文句なしの上昇トレンドですが、このすぐ上には日足の紫200MAが鎮座していますので、その付近で一旦止められるものと思われます。そのためフリースペースに現値はありますがストレートに上昇はしていきにくいものと思われます。さらにそれに加え今後は一旦赤線20MAまでの回帰の下落になる可能性もあります。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、すでに上昇トレンドを形成しており、まるで教科書のような上昇ダウ理論を展開中です。赤線20MAはきれいな斜め45度を維持しまた同ラインで押し目を付けていることからこのラインがサポートラインとして機能しているものと思われます。また現値は上昇トレーディングレンジの中を推移しておりこのトレーディングレンジに沿ってしばらくは動くものと見られ下のトレンドライン到達後に上方向へ弾き返されるものと予想されます。

■まとめ

この後トレーディングレンジに沿って現値が動くものと見られ、下のトレンドラインに到達後に押し目買いとして買いを発動するものよいかと思われます。その場合上のトレンドラインまでは50PIPS程度ありますが、その手前に日足の紫200MAが20PIPSの位置にありますのでその部分で一旦止められる可能性があります。そのため若干リスクを伴った買いということは意識しておかなければなりません。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.