ドル円予想

ドル円予想 10月15日

投稿日:

ドル円の現在値:108.366

※15日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
9:30 オーストラリア ドル(AUD) RBA議事録公表
17:30 イギリス ポンド(GBP) 失業率
翌6:45 ニュージーランド ドル(NZD) 第3四半期消費者物価指数

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円 日足 チャートから見てみます。ドル円 日足 チャートでは、チャートパターン「ダブルトップ」からの「ヘッドアンドショルダー」からの「トリプルトップ」となり、おまけに機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAがすぐ真上に鎮座し、かなりの長期間上値が重たい状態が続いています。中々これらの上壁を超えられず悶々としているのが見て取れます。そして下方向には強めと思われるドル円108.112円ライン以下の張り巡らされた各壁、おまけに当方のもう一つのシリーズ「ボリンジャーバンド FX 手法 見方」で週1しか解説しませんが、ドル円105.055円のラインのすぐ下には月足の重要直近安値ラインがあるためこの強力な月足サポートラインも重なり下方向へも行きづらい状態となっています。そのためこの先どちらに抜け、どちらに勢いが出るか、先の見通しは立っていません。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円 4時間足 チャートに移ります。ドル円 4時間足 チャートでは、紫200MAの上に現値があり買い相場優勢の相場状況でなおかつ赤線20MAが右肩上がり、教科書のような上昇ダウ理論を築いていることから、きれいな上昇トレンドになっているものと予想されます。しかしながら現値より上33PIPS付近には日足の200MAが鎮座しているためこのラインで一旦上方向は止められるものと思われます。ボリンジャーバンドも上向きになって上方向へは勢いが出ている感が一応見て取れますが、日足の紫200MAの影響でレンジ状態になる可能性が高いと思われます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足 チャートへ移ります。ドル円 1時間足 チャートでは、やはり上位足で上値が重たい状態ということもあり、それまでの上昇トレンドが赤線20MAを上から下抜けしすでにレンジ状態に突入しているものと思われます。ボリンジャーバンドも収縮し赤線20MAも平行になってしまいました。また直近高値を切り下げていることから、これより仮に上方向へ勢いが出てもすぐに頭を押さえられ下落方向へ行くか、もしくはレンジ状態になる可能性が高いと思われます。

■まとめ

若干ボリンジャーバンドが広がる兆候をみせており、赤線20MAも先端がまた右上がりになる様子が見て取れますので上方向へ勢いが出る可能性がありますが、上方向へは上位足の強力な壁が鎮座していますので、すぐに頭を止められるものと予想されます。そのためエントリーするにはしばらく様子見が必要と思われます。

-ドル円予想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.