スキャルピング

スキャルピングでも長期足を見た方がよい!

投稿日:2020年5月18日 更新日:

スキャルピングなのだから、長期足のトレンド方向は、ほとんど関係ないと思っている人も多いと思います。確かに、長期足が上昇中でも、下位足は下降している場合もあります。混乱のもとだからあえて見ない、という人もいます。

しかしそれは、長期足を見る本当の意味を理解していません。なぜ、スキャルピングにも関わらず、長期足を見たほうがよいのかを解説いたします。

スキャルピングを行うのに長期足の分析は必要なのか?

1分足トレードや、5分足トレードのように、わずか十数ピップスの値幅を取るトレードに、長期足の何十ピップスもの値幅があるローソク足を、見る必要はあるのか?と思うことでしょう。しかしそれは、長期足を見る本当の理由を理解していません。

長期足と同じ方向にエントリーすると、勝ちやすいという理由だけで長期足を見ているとそのような発想になってしまいます。もちろん、長期足の方向に向けて下位足のエントリーポイントを探すのはとても効果が高い方法です。

ですが、見るべき箇所はそこだけではありません。見るのは長期足の「壁」です。長期足の高値、安値、サポートライン、レジスタンスラインの位置を把握するために長期足を見るのです。

長期足のサポートライン・レジスタンスラインを確認する

なぜ、長期足の高値、安値、サポートライン、レジスタンスラインを確認するかというと、そのラインで値が止まりやすいからです。スキャルピングをしていて急に逆行したり、売り買いの往復ビンタをもらったりした場合は、長期足の壁で止まっている確率が少なからずあります。

とりわけ、4時間足以降、特に日足、週足、月足のサポートライン、レジスタンスラインはとても強力です。それらを抜けるために、数週間、数ヶ月、ときには数年とかかってしまうのです。

つまり、長期足の現値がこのライン付近で止まっているときは、売り買いの激しい攻防戦が繰り広げられていると予想できます。上位足でこの状態になると下位足の値動きは激しく乱高下するようになり、数ピップスを狙うスキャルパーにとってはひとたまりもなくなるのです。つまり、この長期足の高値、安値、サポートライン、レジスタンスラインで現値が止まっているとき、その通貨ペアは慎重にスキャルピングを行う必要があるのです。

下位足は逆らうことができない長期足のトレンド

長期足を見るもう一つの理由としては、大きい時間足のトレンド方向に小さい時間足のトレンド方向を合わせる、ということが挙げられます。時間足は大きくなるほどトレンドが強力になり、下位足はその流れに逆らえません。つまり長期足トレンド方向に、下位足でそちらの方向へあわせてエントリーすることはとても有効な手段です。

長期足の方向に合わせているのに逆行されるのはなぜ?

大きい時間足が、その方向へ勢いよく伸びているからといって、下位足でいきなりエントリーするのは好ましくありません。ローソク足が伸び切ったところでエントリーしてしまった場合は、高値掴み、安値掴みとなって、ほどなく逆行されます。

「自分がエントリーしたとたんに逆行される」というのは、まさしく逆行直前の高値、安値でエントリーをしている可能性があります。なぜ高値、安値の直前でエントリーをしてしまうのかといいますと、目で見てトレンドが出ていることを確認してから、エントリーをするからです。

目で見て「明らかにトレンドが出ている」と判断できるときは、すでに相場のプロたちは、逆方向の売買準備に入っています。

ゴールデンクロス、デッドクロスでのエントリーが勝てないのはまさしくこの現象です。移動平均線がゴールデンクロス、デッドクロスをしてからではすでに遅く、この状態になったときにはすでにトレンドが終焉し、レンジ状態に突入する手前です。

スキャルピングでも効果を発揮するマルチタイムフレーム分析

スキャルピングに長期足の分析を取り入れて、勝率を上げる方法を解説いたします。

異なる時間足を複数見てエントリーの判断材料にする分析方法を、マルチタイムフレーム分析といいます。もっぱら、トレードする時間足よりも、上の時間足を見ます。

基本的には、全時間足が読めるようになるのが一番望ましいですが、1つだけ見るとすれば、4倍から6倍を基準とした時間足を見ます。つまり、5分足をトレード足としているときは、上位足の20分足から30分足を見るということです。15分足であれば、1時間足、1時間足であれば4時間足です。

逆に、下の時間足を見る場合は4分の1から6分の1ということになります。なぜ4倍から6倍なのでしょうか?全世界の市場開場時間は、前場4時間、後場4時間です。

特に4時間足の場合は、市場が開場している時間帯にローソク足が1本形成されます。つまり、前場に1本できあがり、後場に1本できあがります。4倍にする理由は、他の時間足の関係性が読みやすくなるからです。

メタトレーダー(MT4)に8時間足はありませんが、8時間足を提供している証券会社は多いです。同じく、6倍にしても5分足と30分足の関係性を見るのに適しています。相場は、30分区切りで動意づくことも多いため、こちらも使い分けて使用すると効果的です。

スキャルピングでも長期足を見た方がよい!まとめ

スキャルピングは1分足、5分足でサクッと値幅を取るだけだからといって、長期足がまったく関係ないというわけではありません。

長期足を見れば、値動きが止まる位置が把握できます。また、長期足のトレンドに合わせることによって、値幅を伸ばすこともできます。

注意すべきは、長期足で高値、安値、サポートライン、レジスタンスラインの真上に現値があるときです。このようなときに、下位足でスキャルピングを行ってしまうと、買えば損切り、売れば損切りの往復ビンタとなることが予想できます。

そのような通貨ペアを、長期足を見ることによって「トレードをしない」という選択もできるようになるのです。

-スキャルピング
-,

Copyright© FXスキャルピング手法で1日5000円を稼ぐ! , 2021 AllRights Reserved.