FX初心者はスキャルピングで稼ぐ!

スキャルピングFX手法!1分足の使用をおすすめできない理由とは?

スキャルピングは1分足をメイン足にしてトレードしている人も多いでしょう。「スキャルピングは短時間勝負だ」「逆行されないうちに利確する必要がある」このような理由から短い時間足であるほどよいと思われがちです。

考え方として間違いではありませんが、これを実行して値幅を取ろうと思っても「そうならない」場合がよくあります。むしろこのトレードスタイルだとリスクリワード値が逆転する場合が多いため、トレードを重ねたときに気づけば利益よりも損失が上回っていた、ということもあります。

「なんとか逆行する前に利益をかすめ取りたい!」「1ミリの損失も出さないようにトレードしたい!」このような思いが強いほど、短い時間足を選択しがちになります。この心理状態をプロスペクト理論で説明がつきます。この状態でトレードをしても、中々うまくいかない可能性が高いでしょう。

損失を出したくないからスキャルピングをやっているんだ!という考えの人もいます。しかしトレードをある程度実践している人なら、すでに分かっていることですが、どれだけ損失を出さないようにトレードをしても、おもわくとはうらはらに損失は出てしまいます。皮肉にも損失を出さないようにしようとすればするほど、損失は出てしまうものなのです。

つまり損失が出てしまうことは、わたしたちにはコントロールができないのです。わたしたちにできることは損失幅をコントロールすることだけです。

損失幅をコントロールして、リスクをおさえることはできますが、1トレードごとに、損失が出るか、利益が出るかはコントロールができません。損失のことばかり気にしていると、最終的にはトレードじたいができなくなってしまうでしょう。

そもそも論ですが、損失が出るか、利益が出るかがコントロールできれば、負ける人間がいなくなり、FX取引じたいが成り立たなくなります。そのため、もし損失を出さないように1分足を選んでいるとすれば、それは間違った視点から1分足を選んでいるかも知れません。

FXはある程度、損失を受け入れる体制(メンタル)を自分の中に整えないと、中々うまくいきません。ここではうまくいくスキャルピングの手法について解説いたします。

スキャルピングFX手法!そもそもなぜ1分足を選ぶのか?

1分足をメイントレード足に選ぶ理由は何でしょうか?選ぶ理由は人それぞれですが、おおむね以下の理由が挙げられるでしょう。

・1分足だとサクサク利益が取れそう
・ほんの僅かな時間でも逆行するのが許せないから
・逆行する前に何とか利益で終わらせたいから
・利益率が他の時間足に比べて一番高そう
・超短時間で2~3PIPSをかすめ取りたいから

「サクサク」「効率」「短時間」このようなキーワードが並びます。逆に、それ以外に1分足をメインのトレード足にする理由が他にないからです。もっともこれは「メイン」のトレード足に選ぶ理由として、です。エントリータイミングを見計らうため、などサブで使用する理由としてではありません。

私見になりますが、1分足でのトレードはあまりおすすめする理由がありません。なぜ1分足をメイントレード足として、トレードすることはおすすめできないのでしょうか。

スキャルピングFX手法!1分足はおすすめしない理由

スキャルピングは、よく難しいといわれます。それは反射神経や熟練ならではの感覚が必要といわれているからです。そして、そのような感覚が必要になるのは、他でもない1分足でトレードをするからです。

1分足でのトレードは、わずか60秒の間に下記の動作が必要になります。

・エントリーシグナル確認
・インジケーター確認
・エントリーロット数確認
・エントリー判断
・ストップや利確のセッティング

これだけのことをおこなわなければならないのです。

しかし、60秒というのは最大値です。実際には、これより遥かに短い十数秒ぐらいでおこなう必要があります。

また、それに加えこれだけの作業を十数秒というわずかな時間で実行するとなると、ヒューマンエラーが起こりやすくなります。更に、繰り返し何十回、何百回とおこなっていると、次第に集中力も切れてきて、正常な判断がくだせなくなります。更に繰り返しトレードを続けていると、感情的にもなり、ルール無視のリベンジトレードへと繋がります。

よく考えてみればそういう心理状態になるのは、至極あたりまえなのです。正常な心理状態を、わざわざ自分から壊しにいっていると言えます。そのような状態になりながら、1分足でトレードをする意味がはたしてあるのか?ということです。

「利益に固執している状態=1分足トレード」とも受け取れます。しかし残念なことに、それとはうらはらに1分足スキャルピングはよく労多くして益少なしといわれます。正式には「労多くして功少なし」ですが、FXではそのように、揶揄(やゆ)されたものだと思われます。皮肉にも利益を追求するための1分足トレードが、実は逆のことを行っていたということです。

また、FXは対数の法則が適用できるといわれているように、ある程度の情報量が勝率アップには必要不可欠です。つまり時間足が長くなればなるほど情報量が多くなっていき、的確な相場分析ができる、という考え方です。

そのような観点から見ても、1分足スキャルピングはたったの60秒しか情報量がないのです。つまり情報がほとんどあってないようなものなので、反射神経と感覚でそれを補うしかないのです。

しかし殆どの場合、このような感覚的トレードを実行しても、うまくいく可能性はとても低く、損切り貧乏になるか、コツコツドカンの一発で利益を飛ばすことになるのです。

スキャルピングFX手法! 1分足でトレードすることのデメリット

1分足でスキャルピングを実践する場合、多くのことに気を配る必要があります。おおむね5分足以上であれば気にする必要のないことですが、1分足では大きくトレードに影響してきます。それが以下の項目。

・必要以上に高いボラティリティが必要
・多すぎるトレード回数
・極度なストレス
・資金管理やルールに従うのが極めて難しい

必要以上に高いボラティリティが必要

1分足でスキャルピングを行う場合は、通常の相場状況ではあまり出ないくらいの高ボラティリティが必要になってきます。つまり、普段の静かなマーケット状況では、1分足でのトレードはとても困難です。ボラティリティが十分に出ない相場でトレードを行うと、ほとんど場合で損切りになる可能性が高いです。

多すぎるトレード回数

日本ではスキャルピングといえば、1日に多くても10回、20回ぐらいのトレードをイメージします。しかしFXの本場、欧米などのスキャルパーは、1日に何百回とトレードをします。取ったり取られたりのトレードになるため、そのぐらいのトレード回数を重ねないと利益の方が勝らない、ということになります。

極度なストレス

トレードは増えれば増えるほど、身体にかかるストレスも大きくなっていきます。極度なストレスは、メンタルにも健康状態にも悪影響を及ぼします。

特に1分足でトレードする場合、レバレッジやエントリーロット数も高めに設定するため、一回いっかいの負けはメンタルに影響します。一回の損切りで数万、数十万を切るトレード、これに耐えられるだけのメンタルが必要です。

資金管理やルールに従うのが極めて難しい

1分足での反射神経や感覚に頼ったトレードは、とかくコツコツドカンをやってしまいがちになります。3PIPSを立て続けに5回取ったとしても、1回のトレードで30PIPSの損失を出した、ということは頻繁にやってしまいます。そのようなことが続くと、徐々にルールを無視するトレードを行うようになります。

・あまりにも負けが続いたので、普段ルール上にはないナンピンをとっさにして損失にならないようにする
・せっかくの含み益、あと少しで利確だったのに、含み損に転じてしまったのでなぜか損切りを広げて、また含み益になるのを期待する

このようなことを無意識のうちに行ってしまいます。当初自分で決めたトレードプランとはかけ離れたトレードになっていることはよくあります。

スキャルピングFX手法!1分足より5分足の方がおすすめ!

1分足のスキャルピングはとてもせわしく、また反射神経や特殊な感覚など、通常のトレードにはあまり必要のない特別な才能が必要になります。また情報量も非常に少ないため、統計を無視した投機的な要素がとても高くなります。

しかし、トレード足を1分足から5分足に変更するだけで、1分足のときとは比べ物にならないぐらい楽にトレードができるようになります。ストレスも軽減され、トレード回数は劇的に減ります。そしてエントリーを考える時間も十分にできます。こころに余裕ができることにより、ルールにもしっかり意識を持って従えるようになります。

スキャルピングFX手法!1分足の使用をおすすめできない理由とは?まとめ

スキャルピングのメイントレード足を、1分足から5分足に変えるだけで、ストレスが減り、またトレード回数も少なくなります。トレード回数は減りますが、リワード(利益)幅を大きく取れるようになりますので、結果的に1分足トレードよりも利益率が高くなる可能性があります。1分足スキャルピングで思うように利益が出せないときは、5分足に時間足を変更してみることをおすすめします。

Exit mobile version