FX商材レビュー

FX商材レビュー

FXチャート

FXチャート 2017年12月17日

投稿日:2017年12月17日 更新日:

こんにちは、Trader MASAKIです。

さあ、今年も更に残り日数が減ってきました。

ここらへんから「もう今年はトレードしません」的な発言をするトレーダーが出てくるのではないでしょうかね。

スキャルパーとか。

動いてるんだったらやればいいのにね、と思いますけど。

でも自分はあまり関係ありません。

年末年始でもパターンを見つければやるだけです。(市場が開いてる時は)

今回は、ちと損切りが多いですね。

まあしょうがありません。

値動きは手法でコントロールできる訳ではないので。

これは受け入れるしかありません。

よく言われる「損失を受け入れられるか?」とはこの事ですね。

いくら勝率が高い手法でも普通にこれぐらいは起こりますから。

なのでリスクリワード+資金管理でコントロールするしかないのですね。

まあ自分の手法では基本1:6以上は取れるので連敗も想定内です。

てな訳で画(え)を大放出!

こちらがね、途中揉みだしたので切ったら、その後利確まで到達しやがった事例ですね。

実はこれエントリーの前に同じところで2回頭止められてるのわかりますかね。

エントリーして3回目止まった訳です。(3つ上髭ありますよね)

なので切ったと言うことです。

下位足で見ればダブル、トリプルトップになってるはずなんで。

しかーし!ものの見事に突破しました。

余計な推測しなければよかった。

こちらも文句の付けようがないぐらいきれいな負けです。

まあ上位足がちと下降気味だったんで怪しいとは思っていたのですが、やはりそのまま持って行かれました。

そして久々に撮れた「そろそろ利確その後利確」の画(え)。

これは完璧なまでに美しい画(え)ですね。

教科書のような勝ちです。

更にその後↓

そしてこれも文句なしのきれいな負けですね。

1回目損切りで、すぐ止まったのでいつものストップ狩りかぁと思いすぐ入り直したら、FOMCで持って行かれました。

まあ前から言っている通り自分はFOMCだからって事前に切ったりエントリーを躊躇することはありません。

負けても想定範囲内、首尾よく行けば儲けもんです。

まあXMだから安心出来るのですがね。

国内口座じゃ即死ですね。

こちらもFOMCで持って行かれて損切りです。

こちらは一旦プラスに行ったのですが何を血迷ったか、その後あららという感じで落ちて行きました。

まあこちらも教科書のようなきれいな負け方ですね。

っつー感じです。

ちなみに世間では異様に仮想通貨が盛り上がってますね。

まあほんま、アフィリエイターが異様に煽(あお)り立てています。

ちょっと名の知れたアフィリエイターで明らかにトレード知らねーだろっつーような連中でも、知ったかで煽(あお)っています。

自分は今のところ仮想通貨は全く興味ありませんが、ちょっと気になったのでMT5でローソク拝見してみました。

したらまあことごとくレンジかましてますよね。

普通に入れませんよ、こんなん。

ちょっと前は確かに急騰してはいるのですが、それでもテクニカル的に入れたもんではありませんね。

これで入るお方はよっぽどのチャートトーシローかアフィリエイターに洗脳されてますね。

いかにアフィリエイターが適当に煽(あお)っているかですね。

しかしそれ以上に驚いたのがFX講師みたいな人もこぞって煽(あお)っているところですね。

まあ分かりませんよ。

自分が見たのは1時間足なんで。

BB(ボリ)使って5分足ぐらいで細かく取っていくのか、どうだか分かりませんが、自分の見解では普通に無理という感じです。

あっ、ちなみに何を見たかと言うとBTCUSD(Bitcoin)、ETHUSD(Ethereum)、LTCUSD(Litecoin)、DSHUSD(Dash)、XRPUSD(Ripple)、いずれもドルストです。

みんな同じような感じのチャートになってますね。

ちょっと前に急騰して、ただいまレンジかましています。

ただ唯一BTCUSDだけが高値を切り上げているのでテクニカル的には様になっています。

が!自分は入りませんね。

このような画(え)だったらFXでも普通に発生しますしね。

てなわけでポチッとな

スポンサーリンク







スポンサーリンク


-FXチャート
-,

Copyright© FX商材レビュー , 2018 AllRights Reserved.