FX商材 優良なFX商材レビュー

FX商材 優良なFX商材レビュー

FX成功へ向けて

FXは初心者がやると危険なのでしょうか?

投稿日:2018年1月15日 更新日:

さて、FXは初心者がやると危険なのでしょうか。

・FXは危険
・FXはギャンブル
・FXは初心者は無理

とよく言われます。

これは本当にそうなのでしょうか。

残念ながらこれは正解です。

しかしよく考えてください。

やり方を知らないでやれば何でも危険です。

車、バイクの運転もそうですし、株、バイナリーなどの投資、投機はもちろん、飲食店、小売店のビジネスだってそうです。

何もやり方を知らずにやれば痛い目を見ます。

要はやる人間によって変わるという事です。

やる人間によっては危険だし、ギャンブルになり得ます。

初心者でも別に無理ではありません。

やり方をきちんと知れば、適正な使い方が出来るようになります。

■なぜ危険と言われているのか?

ではなぜ危険と言われているのでしょうか。

それは単に「FXについてあまり知られていないから」に尽きます。

知られていないがゆえに、競馬やパチンコなどのギャンブルと一緒くたにされ、イコール「危険」と言うレッテルが貼られてしまっているのです。

そもそもFXは「外国為替証拠金取引」という「為替」の取引で、経済の専門分野の知識を必要とします。

普通の一般人が知っているはずもありません。

また日本は昔から「カネにがっつかない」事が美徳とされ、カネ、カネ、言っている人間は汚いだの、心が醜い(みにくい)だの否定的な見方をされてきました。

なので親自信もおカネや経済の知識があまりなく、子供に教える事も出来ません。

そんな背景もあり、日本人はおカネについての知識が乏しく、日本は先進国の中で欧米諸国に比べると投資は10年遅れていると言われています。

そのため、何も知らずにFXやった人々が破産し、電車に飛び込んだ、など上辺っ面な情報だけが独り歩きし、単に「危険」と言われるようになったのです。

 

■FXの危険と言われる部分について

何も知らずにやると何でも危険と言うことは上記でもお伝えしましたが、それではFXの何が、どういう風に危険なのか、危険と言われる部分について解説しましょう。

・危険要因その1

単に「ロットの張りすぎ=レバレッジの掛け過ぎ」

FXで○億儲けました、とか、FXで一瞬で資金を倍にしました、とか、そういう情報が氾濫し、それに振り回され、一発逆転を狙った人たちが、ハイロット、ハイレバレッジで取引をし、一瞬で資金を溶かすということです。

日本のFX口座ではレバレッジが25倍(2018年現在)と低く抑えられており、ある程度多額の証拠金を入れないとそれなりの取引しか出来ませんが、海外のFX口座は800倍とか1000倍なんていうものもあり、少額の証拠金でも、何千万円分もの取引が出来てしまいます。

そのためロットの張り方次第では、一瞬で資金が無くなることもあります。

・危険要因その2

そもそもおカネ(数字)についての基礎知識がない。

どこをどのようにどうすればこれだけおカネは減る、増える、とか、ここをこうすればおカネはこれだけ減る、増える、とか、資金が何%減るといくら分の取引しか出来ない、とか、資金をこれだけ投入すると危ない、とか、資金が何%減ると危険だ、とか、そういう知識がそもそもありません。

FXは確率論です。

資金管理、手法、システムルール、破産確率、数字の上下動の仕方、おカネの増減の割合、全てをマスターした上で、適正ロット数でやっていかなければうまく回りません。

そもそもFXや株などの投機、投資は月間、年間を通して徐々に増やしていくのが鉄則で、一回やって終わり、一瞬で一発逆転を狙う、と言うものではないのです。

仮に一瞬で利益を得たとしても、その後、味を占めてやり続けるのは目に見えていますから、どっちみち全部無くす事になります。

・危険要因その3

他人の情報に依存する。

要は他人任せにするということです。

これはシグナル配信、予想屋なんかは代表例ですね。

他人が右と言えば右、左と言えば左。

他人が上がると言ったから資金を振り込んだ。

自分の命ガネを他人に預けると言うことは自分の運命が他人に握られているという事です。

もうそのおカネは他人がどう使おうがアナタにコントロールする能力は無くなります。

そこまでするぐらいならFXはやらない方が無難であると言えます。

確かに他人に依存すれば自分は「楽」です。

自分で苦労して考える必要もなければ、苦しい選択をする必要もないです。

しかしおカネを他人任せにした瞬間、そのお金はアナタの管理下から外れるということを常に意識しておく必要があります。

・危険要因その4

手法を知らない

FXや株にはれっきとした手法があります。

機関投資家やトレーダー達はただ闇雲に売り買いしている訳ではありません。

何も知らずに取引に入るということは海図やコンパスも持たずに大海原に航海に出るようなものです。

取引に入るには、まず手法を勉強する必要があります。

・危険要因その5

追証の存在を知らない

これは日本のFX業者にのみ言えることですが、日本の口座でFXやる場合、追証と言うものが発生する場合があります。

株の信用取引ではおなじみですが、FXにも存在するのです。

そもそもFXも信用取引です。

「レバレッジが掛けられる」「何も買ってないのに最初から売れる」ということは信用取引なのです。

これは「預けた金額以上のマイナスが発生する可能性がある」ということを意味します。

しかもレバレッジを掛けていれば掛かった状態で、です。

このマイナスが発生した段階で決済されると、これは顧客の負債となる為、このマイナス分をFX業者に払わなければなりません。

要は借金ということです。

これは口座を開設する時、書面で同意させられているので、裁判を起こしても勝ち目はありません。

普段は顧客の口座資金がマイナスにならないように、口座資金が危険レベルまでくると強制決済されるようになっていますが、まれに突発で起きる戦争などの有事や要人のサプライズ発言、国崩壊などの重大ニュースがあった場合など、急激にレートが変動し注文が殺到した場合、FX業者がサーバーダウンを起こし強制決済が発動されなくなる場合があります。

リーマンショックやスイスフランショックなどが有名です。

スイスフランショックなどはわずか5分で1600PIPS近く動きました。

その後も更に動き続け、一日で2000PIPS強も動きました。

もし強制決済がシステムダウンで発動せず、この暴落に飲まれていれば、単純計算で10万通貨保有していれば-200万、100万通貨保有していれば-2000万の損失を出す事になります。

こういう事例の後、よく「FXで数千万単位の損失を出した」というのは、損切りを入れた、入れない、うんぬんではなく、予測不能なトラブルがおこり、サーバーダウンに巻き込まれ、強制決済が発動しなかった、という事例がほとんどなのです。

そしてサーバーが正常に戻った時、画面に表示されている真っ赤になった、見るも無残なマイナス付きの、数千万単位の数字を見て、絶望するのです。

なのでFX業者選びはケチってPIPSの狭さで選ぶのではなく、トラブルに強い、強固なサーバーを扱っているFX業者を選ばなくてはなりません。

「相場では何事も起こりうる」ということを認識し、このぐらいの対策はしておいた方がよいでしょう。

・危険要因その6

損切りを置かない

これは単にFXをやる人間が知らないのか、そうしないだけなのか、と言うだけの話なのですが、非常に重要なので危険要因として取り上げました。

エントリーした後はセットですぐに損切りの逆指値を置く事をオススメします。

損切りを置かなくても損切りラインに達したら切るよ、とか、躊躇なく損切れるだけのメンタルと決断力はあるよ、とか言う人もいますが、上記お伝えした通り「相場では何事も起こりうる」ということを認識しなければなりません。

人の操作が追いつかないような急激な相場変動があるかも知れません。

突然の大地震で操作不能になるかも知れません。

エントリーした事を忘れるかも知れません。

突然PCが落ちるかも知れません。

それよりもなにより重要なのが「ちゃんと損切り注文を出していた」という痕跡を残す事が重要なのです。

仮にFX業者のシステムトラブルが起きた時に、偶然相場の急変動があって多額の損失が出た時、「損切りの逆指値をちゃんと発注していた」という痕跡や事実がFX業者の方で確認できれば、もしかしたら損失をリセットしてくれるかも知れません、若干免除してくれるかも知れません、話を聞いてくれるかも知れません、弁護士に相談した時に有利になるかも知れません。

でも損切り注文を出した痕跡も事実も無ければ、取り合ってもくれません。

そういうことなのです。

損切りラインに達したら・・とか、切るだけのメンタル・・という話うんぬんではなく「そういう事態まで想定できるようになる」ということが重要なのです。

・危険要因その7

約定拒否と言うものを知らない

脆弱なサーバーやシステムなどは頻繁にこの「約定拒否」を起こします。

つまり注文が通らないということです。

何度も決済ボタンを押しているのに、変なエラー文字が出て約定されない、損切りラインがスルーされた、売り買いのボタンを押しているのに売れない、買えない。

こういう時は、約定拒否されています。

怖いですよね?

単に売れない、買えない、だけだったらポジション持てないだけなので何の問題もないのですが、怖いのはポジションを保有している時ですよね。

決済したいのにできないのですよ?

仮にスイスフランショックみたいな暴落が目の前で起きているのに決済ボタンが効かない、損切りラインがスルーされた。

オーマイガ!オーマイガ!どんどん資金が消えてマイナスが膨らんでいく!

こういう現象を為す術無くボーッと見続けるしかないのです。

まあもっとも多いのはこのポジション保有中の約定拒否なのですがね・・

なのでこういうこともある、ということを知り、なるべく約定拒否を起こさない強固なサーバーを採用しているFX業者を選びましょう。

危険要因としてはこのぐらいでしょうか。

全部マスター出来ればリスク管理はバッチリです!

■FXをやってみたくなったら

以上、怖い事も結構お伝えしましたが、FXをやりたいのであれば、こういう事実は知っておかなければなりません。

FXに限らず、投資、投機に成功するには、これらのリスク対策は避けては通れないのです。

儲けたい一心でこれらの事も分からず、FXを始めても破産するのは目に見えています。

破産し追い詰められない為にも、このようなリスク対策をしっかり知ってから始めるべきです。

■まとめ

・FXはやる人間によってはギャンブルになる
・FXは適正ロット数を厳守すれば怖くない
・相場では何事も起こりうるという事を念頭に、損切りは常にエントリーとセットで入れておく
・FXはリスク対策をきちんと知り、手法をちゃんと覚えれば初心者でも可能
・FXはコツコツ資金を増やすもの、間違っても一攫千金を狙ってはいけない

これらを守って良いFX生活を送りましょう。

-FX成功へ向けて
-, ,

Copyright© FX商材 優良なFX商材レビュー , 2018 AllRights Reserved.