ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド FX 手法 2018年10月6日

投稿日:2018年10月6日 更新日:

こんにちは、最近プロップデビューを目論んでいるTrader MASAKIです。

やっぱり4時間足のボリンジャーバンド FX 手法はいいですね。

まずせわしくなくなります。

1時間足ボリンジャーバンドトレードだと、18時ぐらいから20時の間に一斉に仕掛けなきゃいけないので、まあバタバタしますね。

仕掛けている間にブレイクされたり、ブレイクが既に終わっていたり。

利益幅と損切り幅も狭くなるので、ちょっとした指標発表などでもすぐ切られるし、なにより取引回数が増大して負ける回数が増える。

一番の悪はココです。

「取引回数が増大して負ける回数が増える」

実は4時間足にして損が減ったんです。

それと同時に一回に取れるピップ数も増えたので、取引回数自体は減ったのですが結果が良くなったんです。

損がかさむ要因の一つとして「取引回数が多すぎる」と言うのはよく知られた話ですが、基本的にトレードはすればするほど損が増えていくもんなんです。

ただでさえスプレッドがあるのでエントリー直後はマイナススタートです。

スキャル信仰者なんかは、商材販売者に「すればするほど増えていく」と洗脳されていますが、実は真逆です。

こんなもん普通にやっていればドンドン減っていきますよ。

なので損失を制限する方法として一番得策なのは、トレード回数を減らすと言うのは最も効果的です。

よく、勝てなくなってきて損失が増えてきたら、一旦トレードをやめて離れる、と言われるはそういう事ですよね。

自分も、もともと4時間足でやってたのになんで1時間足にわざわざ切り替えたんだろ、って自分でも今思いますね。

わざわざ変えなくてよかった。

ってな訳で今週のボリンジャーバンド FX 手法の画(え)を大公開!

ボリンジャーバンド FX 手法 1

またしてもおなじみ、そろそろ利確、その利確の画(え)。

4時間足にしても、相も変わらずです。

その後

ボリンジャーバンド FX 手法 2

中々キレイなエントリーで、レーザービーム1本で到達してくれました。

ボリンジャーバンド FX 手法 3

そしてこちらは一旦サクッとサクられて(訳:エントリーにコツっと触れて)、上に持っていかれましたが、戻りを付けた後然るべき方向へ落ちていってくれました。

やはり方向性が合っていれば、その時逆に持っていかれても、時間が経つと然るべき方向へ行きます。

目先のノイズにとらわれてはいけません。

ボリンジャーバンド FX 手法 4

こちらは中々キレイなダウ理論を描きながら上昇していきました。

こういうときは5分ぐらいの足ではパーフェクトオーダーになり、ホントにキレイな波を描いているハズです。

GMMAだったら芸術の域に達していますね。

さぞかしスキャルパーたちは興奮したことでしょう!

ボリンジャーバンド FX 手法 5

そしてこちらもキレイなエントリーでキレイなダウ理論を描いています。

利確に達した後、戻されているのが分かりますね。

と言うことはこのラインは使われていたと言うことになります。

----------------

実は今週は負け無しの絶好調の週でした。

最近負けが減ってきているんですよね。

まあプロップトレーダー目指すようになってからは、色々負ける原因を突き止めてきましたから。

まだ伸びしろがあったんだなーと思いますね。

我ながら。

という訳でこの辺で。

チャオ!

-ボリンジャーバンド
-, , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.