ドル円予想

ドル円予想 5月17日

投稿日:2019年5月17日 更新日:

ドル円の現在値:109.860

※17日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、1本前のローソク足で連続陰線から再び高値を切り上げ陽線をつけました。強めと思われるドル円109.337円と109.193円のラインで下落が止められきっかり弾き返されている事からこれらのラインはサポートラインとして機能している可能性が高いと予想されます。現在は強めと思われるドル円109.165円のラインも下から上抜けここよりボリンジャーバンドのミドルバンドである赤線20MAまでの回帰の上昇になると予想されます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、チャートパターン「ダブルボトム」を付け直近安値が切り上がり、直近高値も切り上がりました。いつもこれほどきれいでわかりやすい軌跡を描いてくれるとチャート解析に苦労はせず良いですね。赤線20MAも下から上抜けし右上がりになりましたのでこれより弾みを付けて上昇方向へ行く可能性が高いと思われます。またこれは割愛しますが、ここでMACDなどのダイバージェンスのシグナルが確認できると更に高確率でトレンド転換の可能性が高くなります。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、チャートパターン「フラッグ」的なトレーディングレンジの中を現値が推移しており、現在上のトレンドライン部分と重なる、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAに頭を抑えられ下へ弾き返された事が確認できます。現在はこの紫200MAと赤線20MAの真ん中に現値があり上方向か下方向へブレイクするものと思われます。

■まとめ

セオリー的にはこのトレーディングレンジに沿って下ブレイクする可能性が高いと思われ、その場合は強めと思われる109.765円のサポートラインと赤線20MAを上から下抜けしたのを確認したあと、売りを発動し下の強めと思われるドル円109.337円までは38PIPS程度ありますのである程度の値幅を狙えるものと予想されます。上のトレンドラインレジスタンス部分を上に抜けた場合は基本的にはトレーディングレンジ内に戻される確立が高いので手は出しませんが、リスクを承知で上のドル円110.360円のラインまでは37PIPS程度ありますので買いを発動するのもよいかと思われます。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

見事予想通り下ブレイクしある程度の値幅は落ちたのですがその後急激に切り返され下落が止められてしまいました。下位足に落として利確タイミングを伺っていた場合のみある程度の値幅が取れたトレードでした。このように急激に波が変わる事もあるのでストップはしっかり入れ、ある程度値幅がプラス方向へ進行したらブレイクイーブンでストップをエントリー位置にずらすなどの対応はしっかり行いリスク管理を徹底しておこなった方がよいでしょう。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.