ドル円予想

ドル円予想 6月27日

投稿日:2019年6月27日 更新日:

ドル円の現在値:107.793

※27日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
21:30 アメリカ ドル(USD) 第1四半期GDP

■ドル円予想今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の日足チャートから見てみます。ドル円日足では、段階的に高安値を切り下げていましたがここにきて一転巨大陽線を付け先日から申し上げているように赤線20MAまでの回帰の上昇となりました。やはり昨日の1時間足チャートでも解説したように赤線20MAを下から上抜けしていましたのでそのような兆候が見て取れました。また4時間足チャートに至っては赤線20MAが緩やかになっているのでそろそろ赤線20MAを下から上抜けしトレンド転換する可能性を示唆していましたがやはりそのように動いてくれました。また若干手前ではありますが強めと思われる106.646円のライン手前で切り返されている事からこの106.646円のラインもサポートラインとして機能していると思われます。現在は強めと思われるドル円107.909円ライン手前で止まっていますのでこれを下から上抜けし赤線20MAまで到達するか、下へ弾き返されるかの局面にあると思われます。

■ドル円予想今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円4時間足チャートに移ります。ドル円4時間足チャートでは、昨日の予想通り赤線20MAを下から上抜けしトレンド転換の調子を見せています。ボリンジャーバンドも広がる兆候が見て取れますのでこれより上方向へバンドウォークを開始する可能性が高くなってきました。しかしながら上方向には強めと思われるレジスタンスラインが2本ありますのでこれらのラインで止められ弾き返される可能性もあります。このライン群を抜けたら、機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAまで到達するものと予想されます。




■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そしてドル円1時間足チャートへ移ります。ドル円1時間足チャートでは、すでに上昇トレンドに突入しており、紫200MAもすでに下から上抜けしています。現在は段階的に高安値を切り上げながらまるで教科書のようなきれいな上昇ダウ理論を描き、トレーディングレンジの中を現値が推移中です。現在現値より上方向へレジスタンスラインが2本あるもののトレーディングレンジの角度が結構きついことから上昇方向へ勢いがあるものと思われますのでこれらのラインを下から上へ超えて行く可能性もあります。

■まとめ

すでに紫200MAを下から上へ超えていますので目線的には買い優勢ですが、すぐ上にはレジスタンスラインが2本ありこれらを超えるまでは積極的に買いエントリーをする場面ではないと思われます。しかしながらリスクを承知でこれらのラインを下から上へ超えていくであろうという期待値へかけてエントリーをしていくとするならば、再び紫200MAまで戻りを付けた後、買いエントリーを発動してもよいかと思われます。その場合もただ買いエントリーをするだけで無く更に下位足に落としてエントリーと利確のタイミングを移動平均線などで見計らって行く必要があります。

------------------------
↓こちらは後から更新したものとなります↓

■ドル円予想今日の1時間足チャート(60分チャート)その後
(こちらのチャートは上図1時間足チャートのその後の値動きですので後から更新したものになります。)
※クリックで拡大

見事予想通り戻りを付けながらドル円108.112円のラインまで上昇し到達してくれました。その後はまるで用を終えたかのように下落トレンドへと転換しています。このドル円108.112円のラインは結構強めの壁だったようです。

-ドル円予想
-, ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.