移動平均線

移動平均線

投稿日:

移動平均線はFXや株では必須のインジケーター

FXや株のトレードで、基本的なテクニカル分析指標の一つに移動平均線があります。最もポピュラーで最も定番のテクニカル指標でこれを知らずして現在の相場の方向性は分からない、と言っても過言ではないぐらい一番最初に覚えるべき指標です。この移動平均線があれば現在の相場の方向性が読めるようになり、トレードをする時にも現在買いが優勢なのか、売りが優勢なのか、それともレンジ中なのかを把握する事ができるようになります。

そんな移動平均線ですが、どのように見て、どのように使用するのでしょうか。移動平均線の種類の説明から、方向性の読み方、ゴールデンクロス、デッドクロス、トレード手法など徹底解説していきます。




移動平均線とは

移動平均線とは、過去為替レートの一定期間の終値平均値の値を割り出し、その値を線で結んだものです。このラインが右肩上がりの時にアップトレンドまたは上昇トレンド、右肩下がりの時にダウントレンドまたは下降トレンドと言い、このラインより現値が上にあると買い圧力が強く買い優勢、下にあると売り圧力が強く売り優勢と判断する事が出来ます。しかし相場が加熱しすぎて買われすぎ、売られすぎとなった時は一転して逆行される事があるので注意が必要です。

移動平均線は基本的に短期線、中期線、長期線に分けることができ、短期線であればあるほど直近の値動き、逆に長期線であればあるほど比較的長い期間のトレンドを把握する事が出来ます。

この移動平均線の最大の利点は短期線、中期線、長期線を単一チャート上に同時表示させる事で、長い期間のトレンドを確認しながら、短い期間のトレンドでエントリーするタイミングを図る事が出来るようになります。

移動平均線の適切な設定値

移動平均線はただ闇雲に設定しても機能しにくいので、それぞれのトレード戦略において、適切な設定値に設定していきます。

日足トレードをメインとする場合は、短期線をおよそ3週間分で15日、中期線をおよそ5週間分で25日、長期線をおよそ15週間分で75日が適切な設定値になります。

週足トレードをメインとする場合は、短期線をおよそ13週分で3ヶ月、中期線をおよそ26週間分で半年、長期線をおよそ52週間分で1年が適切な設定値になります。

移動平気線のゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線はエントリーのタイミングを図る時にもよく使われるテクニカル指標ですが、その中でもゴールデンクロスとデッドクロスはとても有名なエントリーパターンです。

基本的にゴールデンクロスとは買いのエントリーパターンとして知られています。短期の移動平均線が上昇トレンドにおいて、中期線や長期線を下から上に抜けたタイミングがゴールデンクロスです。

反対に、デッドクロスとは売りのエントリーパターンとして知られています。短期の移動平均線が下降トレンドにおいて、中期線や長期線を上から下に抜けたタイミングがデッドクロスです。

ゴールデンクロスになると相場は買い優勢で強気と判断されます。

逆にデッドクロスになると相場は売り優勢で弱気と判断されます。

このゴールデンクロスとデッドクロスはトレンドが出ている時は有効に機能しますが、レンジ相場(揉み合い相場)の時は機能しません。

移動平均線の特徴として、過去の平均値を算出しているテクニカル指標ですので、どうしてもゴールデンクロスやデッドクロスを基準としたエントリーサインは若干の遅れが生じてしまいます。これにより、レンジ相場の場合は平均値が算出される前に逆に行ってしまいます。つまり、すぐに買いシグナルと売りシグナルが逆になると言うことです。

買いサインが出て買ったのにすぐ売られて逆行する、売りサインが出て売ったのにすぐ買われて逆行する、と言う現象が起こります。これは俗にダマシと言われるもので注意が必要です。




移動平均線の種類

・単純移動平均線(Simple Moving Average=SMA)
移動平均線の中でも最も基本で、一番使われている移動平均線です。単純に過去の為替レートの一定期間の終値平均値を算出し、その値を線で結んだものになります。現在値に対し反応が遅いため、ゴールデンクロスやデッドクロスなどのエントリー判断時にはタイムラグや遅行が発生するので注意が必要。

・指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average=EMA))
単純移動平均線と同じぐらいよく知られた移動平均線です。

単純移動平均線より直近の値に比重を置いて平均値を算出しているため、現在値に素早く反応する性質があります。このためトレンド転換などを素早く察知することができ、ゴールデンクロスやデッドクロスでのエントリー判断は、単純移動平均線よりこちらの指数平滑移動平均の方が適していると言えます。ただし反応が早すぎるため、レンジ相場ではダマシのエントリーシグナルが多発してしまいますので注意が必要です。
RSIやMACDなどのテクニカル指標はこちらの指数平滑移動平均の考え方が使われています。

・加重移動平均線(Weighted Moving Average=WMA)

こちらはあまり馴染みがなく使われる事もあまり無い移動平均線ですが、単純移動平均線と同様にトレンドを把握するために使われます。

単純移動平均線は単純に過去の一定期間の為替レート平均値ですが、加重移動平均線は過去に向けて価格の比重を徐々に小さくしていく算出方法です。トレンドが出ている時は非常に機能する移動平均線でもあります。こちらも指数平滑移動平均同様、現在値に敏感に反応してしまうため、レンジ相場ではほとんどゴールデンクロスやデッドクロスなどのエントリーシグナルはダマシとなってしまいます。

・T3移動平均線(T3 Moving Average=T3MA)

T3移動平均線は指数平滑移動平均を更に滑らかにしたもので、緩やかな曲線を描くのが特徴です。そのため大局的なトレンドを把握する為に使うのが理想的で、直近の価格を追いかけるには適していません。

■まとめ

移動平均線は線1本のみとシンプルながら、このたった一つのインジケーターだけあれば、相場の方向性の把握からエントリータイミング、更には値動きが止まる壁の位置をも把握する事ができるとても優秀なインジケーターなのです。むしろ多種多様のインジケーターに依存している人はそれらをすべて外し、移動平均線だけを頼りにした方がトレード成績がよくなる場合もあります。そのぐらい移動平均線の使い方さえ覚えれば他のインジケーターは必要ないとまで言えるのです。ぜひ移動平均線を使いこなして常勝トレーダーの仲間入りをしてください。

-移動平均線
-, , , , , , , , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.