ドル円予想

ドル円予想 8月26日

投稿日:

ドル円の現在値:104.745

※26日朝時点


※クリックで拡大




今日の重要経済指標
(乱高下やスプレッドの拡大など値動きへ影響を及ぼす可能性の高いものだけを抜粋)

時刻 通貨 発表内容
- - 特になし

■ドル円予想 今日の日足チャート
※クリックで拡大

ドル円の、日足チャートから見てみます。ドル円 日足では、まず目に付いたのが窓を開けての下落です。やはり先週に引き続きかなり強い下落になっている事が伺えます。2本前の巨大陰線依然は回帰の上昇途中でありましたが、連日予想していた通り赤線20MAに現値が到達した段階でこれがレジスタンスラインとなって下方向へ急加速していきました。現在は強めと思われるドル円105.055円のラインも上から下抜けし、これより更に下方向へ勢いが出ていくものと予想されます。

■ドル円予想 今日の4時間足チャート(240分チャート)
※クリックで拡大

次にドル円、4時間足チャートに移ります。ドル円、4時間足チャートでは、いかにドル円106.646円のラインが強かったかが見て取れ、これが下から上抜けできなかった事が容易に伺えます。仮に上抜けできたとしても機関投資家も注目し唯一移動平均線では強力な壁として機能するとされる紫200MAがすぐ上に鎮座しているためここでまた止められるものと思われます。その絶望感からかこれだけの窓開け急下落を見せたかは分かりませんが、ボリンジャーバンドも拡大しチャート絵的には収縮からのボラティリティブレイクアウトと受け取れますのでこれより更に下落方向へ勢いが出ていくものと予想されます。




■ドル円予想 今日の1時間足チャート(60分チャート)
※クリックで拡大

そして、ドル円 1時間足チャートへ移ります。ドル円、1時間足チャートでは、凄まじい下落になっている事が見て取れます。紫200MAを上から下抜けしたところから下落が止まった位置までは193PIPSあり、何が要因でそうなったかは知る由もありません。トランプ大統領が云々とか、米中関税どうのとか色々な予測は立てられますが、真相は誰にも分かりません。またその予測が合っているのかも誰にも分かりません。しかしチャートはただ真実を映しているだけで現実にこれだけの値が落ちている事は間違いありません。というわけでこれより買い戻しの上昇になるか更に下落方向へ行くかはまだ判断ができませんので様子見が妥当と思われます。

■まとめ

一旦急下落からの買戻しが少なからず入るものと思われますが、すぐ上にはドル円105.055円のレジスタンスラインが鎮座しているためこれを抜けるのは容易ではないと思われます。そのためこのラインで止められる可能性がありますので買いを入れるのはおすすめできません。現段階では何かのラインを抜ける、チャートパターンをブレイクするなどの明確なシグナルが出ない限りは様子見が妥当と思われます。

-ドル円予想
-, , ,

Copyright© ドル円 予想 FXチャート with ボリンジャーバンド , 2019 AllRights Reserved.