スキャルピング

スキャルピングしたい!おすすめの業者は?

投稿日:

スキャルピングが稼げると聞き、すぐFX証券業者の口座を開設して、実践した人もいると思います。しかし、しばらくすると証券会社側から連絡が…。内容は口座凍結の連絡。

実は、国内FX業者の証券口座はほとんどの場合スキャルピングを禁止しています。これはサイト内の規約欄にも、目立ちませんが「過度の回転売買等不適切な取引による…」と記されています。

つまり、数秒から数十秒単位の繰り返し売買は、不適切な取引に当たってしまうのです。そのため、スキャルピングを実践する場合は、闇雲にFX証券業者を選んではいけないのです。ここでは、スキャルピングに適したFX証券業者を、国内と海外1社ずつご紹介いたします。


スキャルピング,おすすめ,業者

スキャルピングにおすすめの国内FX業者は?

わたくしが確認したところ、もっともおすすめの国内FX業者はMATRIX TRADER
スキャルピング,おすすめ,業者を扱っているJFX株式会社です。スキャルピングは業者側も公認で大歓迎しています。スキャルピング専用口座にしてください、と言わんばかりにスキャルピング専用口座に選ばれる理由を公表しています。

それが…

・スプレッドはロット数に関係なく一律
・一日の取引数量は無制限
・0.001秒という超高速約定を実現
・クリック一発でドテン可能
・反対売買による発注証拠金不要

更に、三井住友銀行による100%信託保全付き、と中々のサービスです。

信託保全とは?

仮にFX業者が倒産した場合でも、お客さんの資金は守られる、という制度が信託保全です。JFX株式会社の場合は、三井住友銀行から保証されているということです。

また、MATRIX TRADERスキャルピング,おすすめ,業者と呼ばれるオリジナル取引ソフトも、使い勝手がよいです。

それが…

・新規の注文、決済の注文を同時にワンクリックで発注できる
・新規注文時に利確と損切り同時発注が可能
・通貨ペアごとの全決済ができる
・1つの画面にて、ポジションの集中管理ができる
・ドテンもクリック1発

まさにスキャルピングのための機能が満載で、よく考えられています。

さらに、スマートフォンアプリも見やすい画面配置で、注文ボタンはタップしやすいように、大きめにデザインされています。

国内FX業者では、数少ないスキャルピングOKのおすすめFX業者です。

スキャルピングにおすすめの海外FX業者は?

海外FX業者は、スキャルピングができるところはたくさんあるのですが、ほとんどの場合、日本語には対応していません。口座自体は開設できますが、全てその国の言語か、もしくは英語で申し込む必要があります。

ですが、中には親切な海外口座もあり、日本語で対応しているところもあります。

それがXMTRADINGです。

こちらは、わたくしもメイン口座として使用しており、安心度はお墨付きです。
日本人スタッフが多数在籍していて、全ての対応は日本語でしてくれます。ヘルプ対応で困ることはほとんどないでしょう。また、国内の銀行やビットウォレットなども使用できますので、安心安全に即日入出金もできます。

セーシェル金融庁の証券ディーラーライセンスを保有していますので、ライセンス無登録業者ではありません。まれに「海外FX業者は無登録で違法だ!」などの書き込みを見ますが、日本で登録していないだけであって、海外の金融ライセンスは保有している場合もあります。

金融庁のリストに「無登録海外FX業者」として、記載されている海外FX業者も「日本の金融庁には登録されていませんよ」というだけの話です。

つまり「日本の保証は受けられないので自己責任でやってくださいね」ということです。その海外FX業者が、金融庁の無登録業者リストに記載されているからといって、違法という訳ではないのです。

XMTRADINGにも中々素晴らしい機能が盛りだくさんです。まず、スキャルピングを実践するのであれば、おすすめの口座形式はZERO口座です。

スプレッドは一番低い瞬間で、ドル円が瞬間的に0になるときもあります。通常は0.2から0.4の間です。こちらは固定スプレッドではなく、変動スプレッドになります。そのため、2020年現在では、手数料が一律、1取引で5USD(5米ドル)かかります。こちらは必要経費として割り切ってください。

その代わりに、とても高水準な取引環境を提供してくれているのですから。もちろん、約定方式はNDD環境。人の手は介入しませんので、スキャルピングはいくらでもOK。全注文の99.35%は1秒以内に約定するという、驚異的な約定力を誇ります。

NDD方式とは?

NDD方式は、None Dealing Deskの頭文字を取った略語で、ノンディーリングデスクと読みます。通常、FX業者と顧客の間にディーラーが介入しています。しかしNDDの場合はディーラーが介入せず、システムが自動で処理します。そのため公平性のある、好環境が実現されているのです。

また、トレードシステムはメタトレーダー、通称MT4と呼ばれる、ロシアのメタクォーツ社が開発したトレーディングシステムが採用されています。

海外FX業者では、メタトレーダーを採用しているところが多く、とても信頼できるトレードシステムです。多数のインジケーターを表示させることができ、カスタマイズ性も抜群。使い勝手は非常によいです。

海外FX業者を選ぶのであれば、XMTRADINGがとてもおすすめです。

まとめ

国内FX業者では、スキャルピングは不適切取引とみなされ、口座凍結の対象となってしまいます。よく選んで、口座開設をした方がよいでしょう。

また、海外FX業者は国内FX業者に比べると、確かにスキャルピング規制は緩いですが、海外FX業者でも、スキャルピングを禁止しているところもあります。

そのため、海外FX業者だからと言って、すべてスキャルピングOKと言うわけではありません。今回ご紹介した2つのFX業者は2020年現在で、わたくしが確認した限りでは特に問題ありません。スキャルピングを実践する際不安であれば、この2つのFX業者を使用することをおすすめします。

-スキャルピング
-, ,

Copyright© FX初心者はスキャルピングで稼ぐ! , 2020 AllRights Reserved.