スキャルピング

FXシンプルスキャルピング手法を大公開!

投稿日:2020年6月1日 更新日:

FX手法は、シンプルに越したことはありません。まして、素早い判断が必要なスキャルピングはなおさらです。インジケーターを表示させすぎると、判断に困る場合があります。そこで、プロップトレーダー佐藤の勝てるスキャルピング手法をご紹介いたします。


fx,手法,シンプル,スキャルピング

FX手法はシンプルが一番!

FXトレードの基本は、シンプルチャートにシンプル手法です。基本的にそれ以外のものはあまり必要ありません。トレードに慣れてくると、ラインとチャートパターンだけで相場判断ができるようになってきます。

そのようになってくると、もはや移動平均線やボリンジャーバンドすら必要なくなってきます。特にスキャルピングの場合は、チャートに必要最小限度のものしか表示させない方がよいです。

スキャルピングのエントリーは「思いきり」が必要です。インジケーターを見ながら「まだか?まだ下がるのか?」とタイミングを探っていると、エントリーができなくなります。そのような、インジケーターのまやかしにおどらされないようにするためにもチャートはシンプルにする必要があるのです。

FXシンプル手法!エントリー方法は順張りか逆張りしかない

ある1つのことを意識するだけで、聖杯探しに陥る確率がぐっと下がります。それが、FXに限らずトレードには極論、順張りと逆張りしかない、ということを知ることです。これさえ意識しておけば聖杯探しに陥ることはほぼなくなります。

もちろん、インジケーターはネット上に無限にあるため、インジケーターを組み合わせた手法は無限にあります。しかし、それらの手法もインジケーターを取り払った場合、手法としては順張りか逆張りかのどちらかになるのです。

これさえ知っておけば、聖杯探しをする必要すらなくなります。もっとも使うインジケーターにより、エントリータイミングが合いやすい手法などができあがるかも知れません。しかし相場はランダムですので、いっときそれでタイミングが合っていたとしても、時間が経つとタイミングは合わなくなってきます。

そうなると、また設定値を設定し直したり、補助のインジケーターを加えたりする必要が出てくるのです。つまり、最小限のインジケーターのみを表示させ、順張りがしたいのか?逆張りがしたいのか?これだけを決めればよいのです。

最小限のインジケーターで迷うことのないルールが細かく決められた「恋スキャ」はおすすめ!

FXシンプルスキャルピング手法といえども1分足はあまりおすすめしない

たとえスキャルピングといえども、1分足を使用して2~3PIPSを必死で取りにいくようなスキャルピングはあまりおすすめしません。

そもそもなぜ1分足はおすすめしないのか?といいますと、マーケットは通常1分足で取れるような高ボラティリティがそれほど出ていないことが多いためです。1分足でそれなりに利益を取ろうと思えば、通常はあまり出ないような高ボラティリティが必要です。

基本的に通貨ペアごとに一日に動く値幅はだいたい決まっています。その値幅を動ききったあとは、よほどのサプライズが出なければそれほど動くことはありません。これはインジケーターのATRで分析することができます。

参考:AVATRADE 小次郎講師直伝「チャートの極意」ATRとは?より

つまり、通常の低ボラティリティ相場によって、買っては売られ、売っては買われの往復ビンタを何回もやられる可能性が高くなります。このような理由から1分足を使用してのスキャルピングはおすすめしていないのです。

FXシンプルスキャルピング手法でも1トレード10PIPS以上の利益を意識する

たとえスキャルピングといえども、1トレード10PIPS以上の利益を狙いにいくことを意識したほうがよいです。その理由としては、2~3PIPSを狙うトレードでは「リスクリワード」が十分取れないからです。

トレードの鉄則は損小利大です。その名の通り、損失は少なく利益は多くということです。これはスキャルピングなどのトレード形式に限らず全てのトレードに当てはまります。

長期的に勝ち続けるトレードにするためには、基本的にリスクリワード比率2:1(利益:損失)にする必要があります。

参考:OANDA JAPAN リスクリワードレシオ、勝率について

仮に3PIPSの利益を取りに行く場合、損失は1.5PIPSにおさえなければなりません。ですが、1.5PIPSを狙って損切りを発動することは、実質的に無理があります。

逆指値を同時発注するEA(エキスパートアドバイザー=売買ソフト)などを使用した場合でも、1.5PIPS程度の値幅では、ノイズで幾度となく逆指値にヒットしてしまう可能性が高いでしょう。そのため現実的なトレードにはなりにくいのです。

リスクリワード比率を実現させるためにも、最低利益幅は10PIPS程度を意識したほうがよいのです。

FXシンプルスキャルピング手法には5分足、15分足がおすすめ

スキャルピングを実践するなら、5分足、15分足がおすすめです。それが以下の理由から。

・エントリー判断を考える十分な時間がある
・それなりの値幅が狙える
・あまりせわしくないため反射神経や独自の感覚、特殊能力は必要ない
・対数の法則が適用できる必要最低限の情報量はある
・ノイズで切られることが少ない
・ダマシが少なく信頼性が高い

15分足では、もはやスキャルピングではないのでは?と思われるかも知れません。しかし「デイトレードに近いスキャルピング」という名目では15分足が最適です。

また15分足は、トレンドの流れやサポートライン、レジスタンスラインなどの壁を確認するためにも使用できます。

エントリー判断を考える十分な時間がある

5分足や15分足を使用すると、エントリーを考える余裕が十分にできます。スキャルピングがうまくいかない原因は、ルール無視によるトレードです。そのため、ゆとりができることによってルールに沿ったエントリーができるようになります。

それなりの値幅が狙える

マーケット状況や通貨ペアにより変わりますが、5分足、15分足だと、少なくとも10PIPSから30PIPS程度の値幅を狙うことができます。たとえスキャルピングでも数PIPSだけを取りに行くトレードは「労多くして功少なし」です。

あまりせわしくないため反射神経や独自の感覚、特殊能力は必要ない

1分足でのスキャルピングは、かなりせわしいトレードになります。せわしい時間足でトレードをしようとするから、反射神経や、独自の感覚が必要になるのです。そのため時間足を落とせばそのような能力は必要なくなるのです。

対数の法則が適用できる必要最低限の情報量はある

FXは対数の法則が適用できることは当サイトでも述べています。

1分足だとわずか60秒ほどの情報量しかありません。しかし5分足だと1分足の5倍の情報量、15分足だと5分足の3倍の情報量が収集できるのです。

ノイズで切られることが少ない

1分足の値動きは、ほぼノイズといっても過言ではありません。上記でもすでに述べていますが、1分足は対数の法則上わずか60秒しか情報量がありません。60秒の情報量しかなければ、ほぼ規則性はないに等しいといえるでしょう。

つまり反射神経や独自の感覚でポンッとエントリーするトレード、要はノイズというわけです。ほんの数PIPSの値幅であればこのようなエントリーをしている人たちに簡単に損切られてしまうのです。しかし5分足、15分足ぐらいの値幅になると、そのようなノイズが反映される確率が低くなります。つまりある程度統計に沿ったエントリーが可能になるのです。

ダマシが少なく信頼性が高い

5分足、15分足ぐらいになりますとダマシにも合いにくくなります。突発的な注文で一時的に逆に行ったり、損切られた後に思惑通りの方向に行ったりすることをダマシと言います。1分足程度では損切りに引っかかる値幅でも5分、15分ぐらいになると、十分な値幅がありますので損切られずそのままエントリー方向へ戻ることも多いです。

FXシンプル手法でも1分足単体でのトレードがおすすめできないというだけの話

ここまで1分足を使用することについて、あまり肯定的なことを述べてきませんでした。ですが別に、1分足の使用が悪いという訳ではありません。「1分足単体トレード」としての1分足の使用はおすすめできないというだけなのです。

5分足、15分足をメイントレード足として、エントリーのタイミングを見計らうために1分足を使用する、というのであれば、全然問題はありません。従来はそのような使い方のほうが適切でしょう。

例えば5分足、15分足のトレンド方向に向けて、1分足の20MA押し目、戻りでエントリーする、というような使い方です。このような使い方であればむしろ積極的に1分足を使用したほうがよいです。

5分足、15分足を使用した1分足シンプルスキャルピング手法

1分足と5分足、もしくは1分足と15分足を使用したプロップトレーダー佐藤のスキャルピング手法を特別大公開します!
プロップトレーダー佐藤が作成したメタトレーダー(MT4)専用、GMMAトレード用テンプレートを特別プレゼントいたしますのでこちらよりダウンロードしてください。

実はGMMAも1本、1本それぞれは単なる移動平均線ですので、GMMAを使った手法は王道であるといえます。

今回公開する手法は、順張り手法の損小利大を狙った手法になります。ぜひこの機会に身につけてください。

チャートは1分足と5分足の組み合わせ、または1分足と15分足の組み合わせ、あるいは全部使用する、どれでも結構です。全部使用する場合は5分足と15分足を見比べてみて、両方のトレンドが揃ったところを狙えば、高確率で勝てるチャンスになります。

1.まずは5足、あるいは15分足で環境認識をします。(今回の事例は「売りエントリー」です)
・5分足、あるいは15分足の赤色ロングGMMAが全体的に右下がりで売り方向と認識
・更に先がまだ見えない位置において、GMMAが絡まることなく順番に規則正しく広がっている
・その時に水色のショートGMMAの下で、陰線確定したローソク足が1本でもあれば、5分足、15分足はエントリー条件クリア

■USDCHF 15分足
※クリックで拡大
fx,手法,シンプル,スキャルピング

■USDCHF 5分足
※クリックで拡大
fx,手法,シンプル,スキャルピング

2.その時の1分足の状態を確認します。
USDCHF 1分足
※クリックで拡大
fx,手法,シンプル,スキャルピング

主に赤丸のような位置から、売りエントリーをしていきます。ローソク足が下から上へかけてGMMAに戻っている最中に、赤色ラインのような斜め線を引きます。それを下へ抜けた時が、売りエントリー発動の瞬間です。ストップは直近高値に置きます。利益確定はMACDやRSI、ストキャスティクスなど、どれでもよいので、売られすぎライン(下部分の20~30ライン辺り)まで来たら利益を確定します。

もっとルールがしっかり固まった手法を覚えたい方は、恋スキャを勉強するのがおすすめです。

FXシンプルスキャルピング手法を大公開!まとめ

FX手法はシンプルにした方がよいとはいえ、1分足をメイントレード足とした単体でのトレードは、リスクが高いためおすすめはできません。また2、3PIPSで利確するような手法ではなく少なくとも10PIPSぐらいは狙ったトレードがおすすめです。

-スキャルピング
-, , ,

Copyright© FX初心者はスキャルピングで稼ぐ! , 2020 AllRights Reserved.